11月のDeep-Sky天体のトップ5

~4 min
11月のDeep-Sky天体のトップ5

天文の観測をさらに進めて、Deep-Sky天体の魅力的な世界に飛び込みたいと思ったことがあるなら、今が良いチャンスです。今日の記事では、11月に見ることができる最も壮観なDeep-Sky天体を5つ選びました。それを手に入れよう!

Deep-Sky天体とは何ですか?

Deep-Sky ObjectかDSO(Deep-Sky天体)という用語は、天文学者によって、個々の星ではない太陽系外の天体を表すために使用されます。DSOには、銀河、惑星状星雲、星団が含まれます。

DSOは魅力的な天体ですが、大型望遠鏡を使用した場合でも、実際に観測するのが難しいため、一般にアマチュア天文学者によって脇に置かれます。しかし、Unistellarからの新しいスマート望遠鏡のおかげで、もう問題はありません。UnistellarのeVscopeは、DSOの観察を早くて簡単にし、鮮やかな色と豊かなディテールのDSOの観測を可能にします。Star WalkのユーザーはeVscopeの詳細を学び、ここで望遠鏡を払うことができます。

1. さんかく座銀河

リストの最初のものは、M33またはNGC 598と知られているさんかく座銀河です。銀河は渦巻き状ですが、その名前は、M33を見つけることができるさんかく座の三角形に由来しています。アンドロメダ銀河と天の川に続いて、局部銀河群の3番目に大きなメンバーです。さんかく座は私たちの天の川の約半分のサイズで、約400億個の星が含まれています。これに対して、天の川は4,000億個、アンドロメダ銀河は1兆個の星が含まれています。

さんかく座銀河は、肉眼で見つけることができる最も遠い恒久的な天体の1つですが、双眼鏡や小さな望遠鏡を使用すると、銀河の明るい中心を見られます。さらに詳細を確認するには、UnistellarのeVscopeのようなスマート望遠鏡を使用しない限り、天体写真の機器と専門知識、および多大な時間の投資が必要になります。

2. NGC 891

アンドロメダ座にあるNGC891の銀河を見る機会があれば、すごくに見覚えに見えるかもしれません。その細長い形は、地球から見たら、天の川に非常に似ています。NGC 891は、上や下からではなく真正面から見ているため、非常によく似ています。私たちが天の川の中に住んでいるので、私たちの天の川の見方はほぼ同じです。NGC 891も私たちのような渦巻銀河であり、同様のサイズと光度を持っています。銀河の弱い光を見るには、小いか中規模の望遠鏡が必要です。または、UnistellarのeVscopeを使用して、さまざまなカラフルな詳細を観察することもできます。

3. 亜鈴状星雲

次は、最初の発見された惑星状星雲、M27またはNGC6853としても知られる亜鈴状星雲です。こぎつね座にはあります。星雲は不規則な球の形をしており、その明るい領域は食べかけのリンゴのように見えます。亜鈴状星雲は、アマチュア天文観測に非常に適しています。比較的明るくて大きいので、完全に暗い空に双眼鏡を置いていても、わずかに緑がかった球体を見つけることができます。

4. 環状星雲

環状星雲(別名M57またはNGC 6720)は、これまでに発見された2番目の惑星状星雲です。明るい星ベガの南にあること座にあります。 環状星雲の特徴的な丸い形は、リングやベーグルを彷彿とさせることから、その名前が付けられました。この星雲も比較的明るく、アマチュア天文学者に人気のターゲットとなっています。ただし、双眼鏡で見るには小さすぎるので、環状星雲を観察したい場合は望遠鏡を準備してください。

5. 球状星団 M92

最後は、ヘルクレス座にある球状星団 M92です。それは球状星団に属します。球状星団は散開星団よりはるかに古く、はるかに多くの星を持っています。M92は、天の川銀河で最も古く、最も明るい球状星団の1つであり、約330,000個の星が含まれています。双眼鏡や望遠鏡で星団を観察できます。運が良ければ肉眼でも観察できます。そして、eVscopeを所有するのに十分な幸運な人のために、あなたが見るものに驚かされる準備をしてください!

11月に見られる5つの壮大な深天のオブジェクトをお楽しみください。澄み渡る夜空の下で楽しく天体観測をしてください!

テキストクレジット:
画像クレジット:Pixabay

Star Walk 2

Star Walk 2 ロゴ
App Storeでダウンロード
Google Playで入手する
Unistellar telescope