11月に見ることができる銀河、星雲、星団

~5 min
11月に見ることができる銀河、星雲、星団

天文の観測をさらに進めて、深空天体の魅力的な世界に飛び込みたいと思ったことがあるなら、今が良いチャンスです。今日の記事では、11月に見ることができる5つの最も壮観な深空天体を選びました。すべての天体は、星空アプリの助けを借りて空に簡単に見つけることができます。

内容

深空天体とは?

深空天体(英語:Deep-sky object, DSO)という用語は、天文学者によって、個々の恒星ではない太陽系外の天体を表すために使用されます。深空天体には、銀河、惑星状星雲、星団が含まれます。

11月に見られる銀河、星雲、星団

1. さんかく座銀河(M33)

リストの最初のものは、M33またはNGC 598と知られているさんかく座銀河です。銀河は渦巻き状ですが、その名前は、M33を見つけることができるさんかく座の三角形に由来しています。アンドロメダ銀河と天の川に続いて、局部銀河群の3番目に大きなメンバーです。さんかく座は私たちの天の川の約半分のサイズで、約400億個の星が含まれています。これに対して、天の川は4,000億個、アンドロメダ銀河は1兆個の星が含まれています。

等級5.7のさんかく座銀河は、肉眼で見ることができる最も遠い天体の1つです。しかし、さんかく座銀河を見つけるには、理想的な観察条件と鋭い目が必要です。双眼鏡や小さな望遠鏡で銀河を見る方がはるかに簡単です。Star Walk 2または Sky Tonightを使用して空にあるさんかく座銀河を見つけることができます。拡大鏡アイコンをタップし、検索フィールドに銀河の名前を入力すると、アプリが現在の位置を表示します。

2. NGC 891

アンドロメダ座にあるNGC891の銀河を見る機会があれば、すごくに見覚えに見えるかもしれません。その細長い形は、地球から見たら、天の川に非常に似ています。NGC 891は、上や下からではなく真正面から見ているため、非常によく似ています。私たちは天の川の中に住んでいるので、天の川の見方はほぼ同じです。NGC 891も天の川のような渦巻銀河であり、同様のサイズと光度を持っています。銀河の弱い光を見るには、小さい望遠鏡が必要です。等級10.0**があるNGC 891は小型または中型の望遠鏡で見ることができます。

3. 亜鈴状星雲(M27)

次は、最初の発見された惑星状星雲であるM27またはNGC6853としても知られる亜鈴状星雲です。亜鈴状星雲はこぎつね座にはあります。星雲は不規則な球の形をしており、その明るい領域は食べかけのリンゴのように見えます。亜鈴状星雲は、アマチュア天文観測に非常に適しています。等級7.4で、見かけの直径が8分角であるため、完全に暗い空でも双眼鏡で見つけることができます。

4. 環状星雲(M57)

環状星雲(別名M57またはNGC 6720)は、発見された2番目の惑星状星雲です。明るい星ベガの南にあること座にあります。環状星雲の特徴的な丸い形は、リングやベーグルを彷彿とさせることから、その名前が付けられました。この星雲も比較的明るいで(等級8.7)、アマチュア天文学者に人気があるターゲットとなっています。しかし、双眼鏡で見るには小さすぎるので、環状星雲を観察したい場合は望遠鏡を準備してください。

5. 球状星団M92

最後は、ヘルクレス座にある球状星団M92です。それは球状星団に属します。球状星団は散開星団よりはるかに古く、はるかに多くの星を持っています。M92は、天の川銀河で最も古く、最も明るい球状星団の1つであり、約330,000個の星が含まれています。双眼鏡や望遠鏡で星団を観察できます。運が良ければ肉眼でも観察できます。等級6.3があるM92は、双眼鏡や小さな望遠鏡で簡単に見つけることができます。観察条件が良ければ、肉眼でも見ることができます。

結論:これで、今年の11月に見ることができる最高の深空天体についてわかりました。言及したいくつかの天体は、双眼鏡や肉眼でさえ見えるので、必ず外に出て、空にそれらを見つけようとする必要があります。Star Walk 2Sky Tonightアプリは、天体を見つけるのに役立ちます。

テキストクレジット:
画像クレジット:Pixabay
Trustpilot