2022年10月満月は「ハンターズムーン」!観測できる時間と意味を解説

~6 min
2022年10月満月は「ハンターズムーン」!観測できる時間と意味を解説

もうすぐ10月の満月です。月と隣の天体を観察するのに最適な時期を逃さないように、満月の日付を学びましょう。

内容

2022年10月の満月はいつ

今月は日本時間の10月10日の午前5時55分(グリニッジ標準時の10月9日20:55)に満月になります。現時点では、月はうお座にあります。肉眼のため、月は三日以内に丸く見えるので、月明かりの下を歩くのに十分な時間があります。

ハンターズムーンとは

ハンターズムーン(狩猟の月、英語:Hunter’s Moon)は特定の月に関連付けられていませんが、ハーベストムーン(中秋の名月)の直後に来る満月です。

ハンターズムーンとハーベストムーン

ハーベストムーンは、北半球では9月、南半球で3月になる秋分点に最も近い満月です。ハーベストムーンは9月または10月(南半球で3月または4月)に発生する可能性があります。

ハンターズムーンは、ハーベストムーンに続く最初の満月です。つまり、1月または11月(南半球では4月または5月)に開催される可能性があります。

ハンターズムーンの名前の理由

農家は伝統的にハーベストムーンの光の下で畑の刈り取りを終えていました。次の満月の頃には野原はきれいになっていたので、ハンターは動物が冬の前に餌を求めて徘徊しているのを簡単に見ることができました。また、この時期は月が夕暮れ頃に昇り、明け方頃に沈みます。月明かりのおかげで、ハンターは夜遅くまで獲物を追跡することができました。

2023年のハンターズムーンはいつ

2023年、北半球のハンターズムーンは日本時間の10月29日の午後5時23分(グリニッジ標準時の10月28日20:23)に発生します。南半球の場合、日付は2023年4月6日グリニッジ標準時の4:34)です。

10月の満月の他の名前

9月の満月よりも、9月の分点に近い10月の満月をハーベストムーンと呼ぶことがあります。平均して、3年ごとに発生します。

元々アメリカ先住民が使用する伝統的な月の名前は、移動する月(現時点では、鳥はより暖かい気候に飛ぶので、または移動の月)、氷の月(今度は最初の霜が降り始めるので、または氷の月)、落葉の月枯れ草の月です。

他の別名には次のものがあります。

  • 中国人:優しい月
  • ウィッカ人:血の月
  • 南アフリカ人:種の月
  • 南半球:卵の月、魚の月、ピンクな月、目覚める月

赤いハンターズムーンの理由

10月の満月はブラッドムーンと呼ばれる場合もあります。これは狩猟のシーズンを指しますが、月の実際の色を指すものではありません。(月食を表すブラッドムーンと混同しないでください。)ただし、赤またはオレンジに見える場合があります。月が地平線上に低く垂れ下がっている間、その光はより厚い空気の層を通過しなければなりません。その結果、青い波長が大気によって散乱され、赤い波長が多く残るため、月はオレンジ色または赤みがかった色合いになります。月の可能な色について詳しく知るために、クイズに答えることができます!

空に月は、オレンジ、ゴールド、さらには血のように赤い色をとることができます。なぜそれが起こるのですか?そして、月の本当の色は何ですか?このクイズに答えて、月の色の変化について詳しく学びます。
クイズをスタート!

10月の満月の横に天体

タイミングと観察のヒントのためには、リンクをたどってください。

2022年の次の満月:ブラッドビーバームーン

11月の満月かビーバームーンは2022年11月8日になります。月食と重なるため、ブラッドムーンとも呼ばれます。満月カレンダーをチェックして赤い月を見逃さないようにしましょう!そして、ブラッドビーバームーンに関する記事も近日中に公開する予定です。ウェブサイトやSNSの最新情報にご期待ください。

2022年に次の満月はいつですか?日付と時刻、名前、スーパームーンなどを含む2022年の満月カレンダーからわかります。
インフォグラフィックを見る

楽しく天体観測をしてください!

テキストクレジット:
画像クレジット:Vito Technology, Inc.
Trustpilot