2022年3月満月はワームムーン!

~4 min
2022年3月満月はワームムーン!

2022年の3番目の満月の日付は3月18日です。ワームムーンとして知られ、その独特の名前で多くの疑問を投げかけます。今日の記事では、この満月の名前の意味を説明し、それを観察するのに最適な時期を説明します。

目次

ワームムーンとは?

満月の名前は、それらが発生する月の特性を教えてくれます。例えば、アメリカとヨーロッパでは、3月の満月は「ワームムーン」(英語:Worm Moon)と呼ばれ、「いも虫の月」を意味します。これは、今月、やく暖まる土に虫が現れ始めます。ちなみに、ワームはロビンや他の鳥を引き付けます。これらは本当に春の兆候です!3月の満月の数日後に目撃するもう1つの「春の兆候」は、3月の分点です。天文学的に言えば、それは北半球の春の最初の日を示します。

3月満月の他の名前

3月の満月には他にどのような名前がありますか?さまざまな文化でどのように呼ばれるかの例を次に示します:

  • 中国人:眠そうな月
  • セルティック:風の月
  • ウィッカ:貞淑な月
  • チェロキー:風の強い月
  • 南半球:ハーベストムーン、コーンムーン

カラフルなインフォグラフィックから他の満月の名前を学びましょう。

2022年に次の満月はいつですか?日付と時刻、名前、スーパームーンなどを含む2022年の満月カレンダーからわかります。
インフォグラフィックを見る

3月満月はいつ?

今月、月は2022年3月18日の日本時間16:18(グリニッジ標準時07:18)に満月になります。これは、月と太陽が地球の反対側に整列し、月が100%太陽に照らされている時間です。しかし、月がこの瞬間を過ぎた後でも、それは肉眼では空の完全な円のように見えます。したがって、この場合、タイミングはそれほど重要ではありません。3月18日頃の数夜に、月の満ち欠けを見ることができます。

満月の周りの夜には、明るい星のレグルスからそれほど遠くない、しし座またはおとめ座(いつ見るかによって異なる)に月があります。満月は現地時間の真夜中頃に空の最高点に登ります。しかし、月が地平線から完全に昇った直後に観測を開始して方がいいです。現時点では、月は通常より大きく見え、色はオレンジ色に見えます

次の満月はいつ?

「ピンクムーン」として知られる次の満月は、2022年4月16日に開催されます。この名前の背後にあるストーリーを説明し、日付に近い他の有用な情報を提供します。

今夜の月の近くにある明るい点は何?

月を観察していると、星や惑星など、月の近くに明るい天体があることに気付くかもしれません。それらを識別するには、天文学アプリSky Tonightを使用できます。アプリを起動して、デバイスを空に向けるだけです。次に、大きな青いボタンをタップして拡張現実モードをオンにすると、デバイスのカメラからの画像にスカイマップがオーバーレイされます。

今月、月の近くを通過する惑星について知りたい場合は、毎月更新される記事をチェックできます。そこにすべての月と惑星の今後の合をリストします。

これで、月とワームの関係と、3月に満月を見つけるのに最適な時期がわかりました。楽しんだら、この記事を友達と共有してください。

楽しく天体観測をしてください!

テキストクレジット:
画像クレジット:Vito Technology, Inc.
Trustpilot