2020年のスノームーン:スーパームーンなの?

~3 min
2020年のスノームーン:スーパームーンなの?

2020年2月8日または9日(居住地による)に満月が起こります。2月の満月はスーパームーンでしょうか? なぜスノームーンと呼ばれるのでしょうか? 確認してみましょう。

2月の満月はその年の2番目の満月であり、2月9日7時33分(UTC)にしし座の星々の間で観測できますが、肉眼では土曜日と日曜日のどちらの夜も満月として見えます。Star Walk 2アプリで、月が空のどこにあるかを簡単に確認できます。

スノームーンまたはハンガームーンと呼ばれる理由は?

2月は大雪が発生する傾向があるため、2月の満月にはスノームーンという名前が付きました。別名「ハンガームーン」は、悪天候と大雪により、この時期の狩猟と食料の確保がとても難しかったためこう名付けられました。

スーパームーンとは?

地球を回る月の軌道は完全な円ではなく、楕円形です。その結果、月と地球の間の距離は暦月と年を通して変化します。満月が地球の近地点にあるとき、それはスーパームーンと呼ばれます。 スーパームーンは、平均的な満月と比較して約7%大きく、約16%明るく見えます。

スーパームーンという用語はもともと、占星術師のリチャード・ノーレが1979年に考案しました。彼はスーパームーンを「特定の軌道中で地球に最接近しているか、その近く(90%以内)にある新月または満月」と定義しました。

ノーレがそうしたように、この「特定の軌道」を1年を通した月の軌道として考えると、最も近い距離(近地点)は4月7日の356,908 kmで、最も遠い距離(遠地点)は3月24日の406,688kmです。406,688 − 0.9x(406,688 − 356 908)= 361,886km未満の距離にある新月と満月はスーパームーンです。しかし、2月の地球から満月までの距離は362,479 kmです。ということは、冒頭の問いへの答えはもう明らかでしょう。

スーパームーンにする方法は?

もう1つの一般的なアプローチは、「特定の軌道」をその暦月の軌道として考えることです。この軌道では、2月10日の近地点は360,463 km、2月26日の遠地点は406,276kmです。この場合、限界距離は365,044 kmとなり、2月の満月はスーパームーンになります。

2020年には何度スーパームーンが起こる? 次はいつ?

本物の満月スーパームーンは、3月から5月までの3回、2020年3月9日、4月8日、5月7日に発生します。最短距離かつ最大のスーパームーンは4月7〜8日です。星空観測アプリStar Walk 2を使用すると、こうした天文学上のイベントについての通知が発生時期に合わせて届きます。

テキストクレジット:
画像クレジット:Vito Technology

Star Walk 2 Free

Star Walk 2 Free ロゴ
Google Playで入手する
App Storeでダウンロード