薄明、薄暮、明け方の違いは何ですか?

~7 min
薄明、薄暮、明け方の違いは何ですか?

「薄明」、「薄暮」、「明け方」という用語は同じ意味で使用されることがよくありますが、それぞれの用語には天文学的定義があります。さらに、薄明、薄暮、明け方の3つの異なる種類があります。これらの用語にきっぱり対処しましょう!光害の説明が含まれています。

内容

薄明の意味

薄明(トワイライト、Twilight)は、太陽が地平線の下にあり、直接は見えないが部分的に空を照らしている時間帯です。地球には大気があるから、太陽が見えなくても日光が部分的に散乱して惑星を照らしているので、薄明を見ることができます。

薄明の種類

薄明の3つ種類があります。それは、市民薄明(第三薄明)、航海薄明(第二薄明)、天文薄明(第一薄明)です。それらは互いに続き、地球全体で同じ順序で発生します。薄明のタイプは太陽高度(太陽の中心位置と地平線との角度)により、定義されている。

  • 市民薄明(Civil twilight):0度〜6度
  • 航海薄明(Nautical twilight):6度〜12度
  • 天文薄明(Astronomical twilight):12度〜18度

天文薄明後、太陽が地平線から18度以上下がる時間は夜と呼ばれます。

薄明の期間

薄明の期間は、緯度、時期、気象条件によって異なります。日没から24分後に暗闇が降りる最短の薄明は赤道で観測されます。最長の薄明は極で約6週間続くことができます。

薄明vs.薄暮と明け方

薄暮と明け方は、太陽の中心が地平線の下の正確なポイントにあるときに発生します。薄明はこれらのポイントの間で発生します。例えば、太陽が地平線からちょうど18度下にある時は天文薄暮(または明け方)と呼ばれますが、12度から18度までの期間は天文薄明です。

薄暮と明け方の3つの種類を区別するのが通例です。それらは、太陽の中心を地平線の下に浸すことによって決定されます。

  • 市民薄暮 / 明け方:6度
  • 航海薄暮 / 明け方:12度
  • 天文薄暮 / 明け方:18度

薄明​​の時間

薄明の持続時間は場所によって異なるため、普遍的な時間はありません。しかし、天文薄明の時間をどのようにわかるのですか?Webサイトまたはアプリを使用します。例えば、Time and DateのWebサイトは、現在地の日の出と日の入りに関する詳細情報を提供します。

アプリに関しては、Photopills、Sun Surveyor、Photographer's Ephemerisなどのツールがいくつかあります。これらは、画像の計画と視覚化の観点から、写真家にとって特に役立ちます。Vito Technologyのアプリの中には、屋外の写真家にとって便利なフォトプランナーもあります。それはEphemerisです。このアプリは、市民、航海、天文薄明の正確な時刻を表示し、マジックアワーの時間と期間を計算し、天の川の視程に関する詳細情報などを含みます。

薄明時に何を撮れますか?

市民薄明

市民薄明の時に空は最も明るいです。ほとんどの人は、夕暮れについて話すときに市民薄明を参照します。日の出の直前または日没の直後、太陽が地平線のすぐ下にあるときに始まります。この間、地平線はよく見えるはずで、最も明るい星と惑星だけが見えます。多くの国の法律では、この段階で街路灯と車のヘッドライトをオンにする必要があります。

日没直後の空はとても明るく、色鮮やかです。市民薄明の始まりを捉え、風景写真を撮って、空のさまざまな色合いを明らかにできます。

航海薄明

航海薄明は、地平線を区別するのが困難になる第二薄明です。この用語は、船員が星を使って海を航海した時代に由来しています。航海薄明時には、多くの星が見え、星の位置に合わせてナビゲートすることができます。

この間、人工照明が都市を完全に照らすため、都市の写真撮影に適しています。天体写真について話すと、地平線で満月をキャプチャすることを検討します。月を背景にした美しいシルエットを作成できます。

天文薄明

暗闇がほぼ完成して、地平線が識別できないと、それは天文薄明です。天の川が現れ始め、月が空を照らさない限り、最も暗い星や惑星を肉眼で観察することができます。ただし、銀河、星雲、球状星団は、太陽が地平線の下に18度以上ある場合、完全な暗闇を必要とします。

それは天体の撮影や観測に最適な時期です。天の川が見える場合には(その可視時間についてはEphemerisアプリに確認できる)、この息をのむような銀河もキャプチャできます。

光害の意味

一般的に、光害は過剰または不要な人工光です。最も一般的な例は次のとおりです。

  • 街灯;
  • 車のライト;
  • 高層ビル;
  • 広告ボード。

光害にはさまざまな悪影響があります。天文学の観測では、主な問題は天体の視程の低下です。星座や惑星は言うまでもなく、街の真ん中で最も明るい星をほとんど見ることができません。人工照明のために人類の3分の1は現在、夜空に天の川を見ることができません

これが、天体観測ガイドがより良い観察のためにできるだけ街の光害から離れることをアドバイスする理由です。真夜中に街の空は自然の空よりも最大10倍明るいです。

夜空の光害は、光を空に向ける照明器具によって引き起こされます。そのような光は、大気中で散乱されて反射された後、地球に戻って観測者を盲目にし、それによって夜空の視界を損ないます。この効果は、照明デバイス自体だけでなく、元の光源から遠く離れているように感じることもあります。

**要約しましょう。**薄明は間隔であり、薄暮と明け方は瞬間です。市民薄明は夜空の観測に最適な時期ではありませんが、航海薄明の間に多くの星が見えるようになります。最良の選択肢は、天文薄明の間に星や惑星を探し始め、夜は深天の天体を探し続けることです。そして、光害のない場所を見つけましょう。それ以外の場合は、月と最も明るい星のみを表示できます。

私たちの天体観測アプリは夜空を案内してくれるので、ニーズに最も合うものを手に入れることを忘れないでください。また、常にナイトモードを使用してください!それは暗視を維持します。

楽しく天体観測をしてください!

テキストクレジット:
画像クレジット:NASA