5人の優れた女性天文学者

~6 min
5人の優れた女性天文学者

世界の科学への女性天文学者の貢献は見過ごされがちです。今日の記事では、過去と現在の両方で、天文学において影響力のある5人の女性に敬意を表したいと思います。以下のリストは完全なものではなく、将来拡張される可能性があります。

有名な天文学者とその発見についての知識をテストしたいと、クイズに参加できます!

ガリレオやコペルニクスやケプラーなどの優れた科学者は天文学の歴史に多大な貢献をしました。このクイズでは、発見やアイデアから有名な天文学者を推測します。正しく名前を付けることができる数を見てみましょう!
クイズをスタート!

カロライン・ハーシェル(1750年-1848年)

  • 国:ドイツで生誕、イギリスで活動
  • 主な:いくつかの彗星と深天天体(DSO)

有名な天文学者ウィリアム・ハーシェルの妹であるカロライン・ルクレティア・ハーシェルは、功績に多くの最初のものを持っていました。

  • 仕事に給料を受け取った世界初のプロの女性天文学者;
  • イギリスで最初に政府の公式職に就いた女性(法廷天文学者の助手);
  • 王立天文学会初の女性会員。

カロライン・ハーシェルは、8つの彗星と14の深天天体を発見しました。発見した天体には、彗星ハーシェル・リゴレー彗星と、アンドロメダ座に位置する楕円銀河M110が含まれています。

カロライン・ハーシェルにちなんで名付けられた天体:小惑星ルクリーシア(281 Lucretia);散開星団NGC 2360(Caroline's Cluster)とNGC 7789(Caroline's Rose)。

ヘンリエッタ・スワン・リービット(1868年-1921年)

  • 国:米国
  • 主な:周期光度関係

ヘンリエッタ・スワン・リービットは、他の約40人の女性とともに、ハーバード大学天文台で「コンピューター」として働いていました。20世紀初頭、これは女性天文学者の科学的キャリアに最も近い選択肢でした。「ハーバード大学コンピュータ」に与えられた仕事は、写真乾板を調べることによって恒星を分類することでした。

1908年に、ケフェイド変光星を研究しているときに、リービットは変光星の変光周期がその光度によって決定されることを発見しました。現在、「リービットの法則」として知られているこの発見により、天文学者は最終的に、離れた恒星、銀河、星団までの距離を測定できるようになりました。例えば、1924年、エドウィン・ハッブルはケフェイド変光星を使用して、アンドロメダ銀河までの距離を測定し、それが天の川の外側にあることを証明しました。

ヘンリエッタ・スワン・リービットにちなんで名付けられた天体:小惑星リービット(5383 Leavitt)、月のクレーターリービット(Leavitt)。

セシリア・ペイン=ガポーシュキン(1900年-1979年)

  • 国:英国で生誕、米国で活動
  • 主な発見:恒星の組成

セシリア・ペインは、日食を観察しながらアルバート・アインシュタインの相対性理論を確認したアーサー・エディントンの講演に出席した後、天文学に興味を持つようになりました。ケンブリッジ大学を卒業後、英国よりもキャリアの機会が多いと感じたため、米国に移住しました。

1925年、セシリアは博士論文を発表し、太陽を含む恒星の組成の大部分が水素とヘリウムからできていることを証明しました。この画期的な発見は当初拒否されました。当時、ほとんどの科学者は、太陽は地球と同じ組成があると信じていました。しかし、ペイン=ガポーシュキンの発見は最終的に認められました。ペイン=ガポーシュキンはいくつかの賞を受賞し、ハーバード大学で最初の女性教授になりました。

セシリア・ペイン=ガポーシュキンにちなんで名付けられた天体:小惑星ペインガポシュキン(2039 Payne-Gaposchkin)、金星の火山「ペイン=ガポーシュキン」。

ヴェラ・ルービン(1928年-2016年)

  • 国:米国
  • 主な発見:暗黒物質

ヴェラ・ルービンの研究の主題の1つは、銀河の回転でした。ヴェラ・ルービンは、銀河の最も外側の部分にある恒星が、銀河の中心に近い恒星と同じくらい速く動いていることに気づきました。当時、天文学者たちは、恒星が銀河の中心から離れるほど、その軌道速度が遅くなると考えていたため、これは珍しいことでした。ヴェラ・ルービンの観測は、銀河の外側の領域に、急速に動く恒星を軌道上に保持する目に見えない物質が大量に含まれていることを意味しました。

その結果、ヴェラ・ルービンは、銀河の質量の約90%が目に見えない暗黒物質で構成されていると結論付けました。しかし、暗黒物質の概念を提案したのは彼女が最初ではありませんでした。それはスイスの天文学者フリッツ・ツビッキーによって以前に紹介されましたが、科学者によって真剣に受け止められていませんでした。ヴェラ・ルービンの計算は、ツビッキーの理論が正しいことを証明するのに役立ちました。

ヴェラ・ルービンにちなんで名付けられた天体:小惑星ルービン(5726 Rubin)、火星のヴェラルービンリッジ(Vera Rubin Ridge)。

アンドレア・ゲズ(1965年)

  • 国:米国
  • 主な発見:銀河の中心にあるブラックホール

アンドレア・ゲズの科学的研究の目的は、常に私たちの銀河の中心です。W・M・ケック天文台の望遠鏡の助けを借りて、アンドレア・ゲズは銀河中心の周りの個々の恒星を観察し、それらの軌道を計算することに成功しました。次に、同僚たちと一緒にアンドレア・ゲズは、恒星の軌道運動を利用して、恒星が太陽の400万倍の大きさの非常に小さい(直径6000万km)天体の周りを移動することを証明しました。すべての既知の天体の中で、ブラックホールだけがそのような特性を持っていた可能性があります。

天の川銀河の中心のブラックホールの発見で、アンドレア・ゲズは、2020年にノーベル物理学賞を受賞しました。この賞を受賞した史上4番目の女性になりました。

よろしければ、この記事をお友達と共有してください!また、SNSのコメントで、他にどのような女性天文学者をリストに追加するかを教えてください。楽しく天体観測をしてください!

テキストクレジット:
画像クレジット:Vito Technology, Inc.
Trustpilot