今夜、金星、水星、天王星を見つけてみてください!

~4 min
Venus, Mercury, Uranus Meet In the Sky

4月24日から26日まで、3つの惑星が空で出会うのを見られます。それらを観察が簡単ではないので、チャレンジに準備してください。今日の記事では、トリオをいつ、どこで探すのを説明し、最良の観察のためのヒントもいくつか示します。始めましょう!

金星は今どこですか?

2021年3月26日、金星が外合を過ぎ、明けの明星から宵の明星への移行を開始しました。惑星は数週間に空で見えませんでしたが、まだ見つけにくい天体です。太陽の光の近くにあり、暗くなる前に太陽と一緒に下がります。5月までに、輝かしい金星は夕方の空に戻り、今年の残りの間そこにとどまります。

観測者にとっての朗報は、金星が比較的明るい天体です。金星は、それぞれ太陽と月に次いで3番目に明るい天体です。最近の記事からの素晴らしい金星の詳細をご覧ください。

太陽の近くの水星

水星は朝の空から夕方の空に移動するため、4月も見にくいです。早くて小さい惑星は金星の8倍暗いですが、現在は夜空で最も明るい星のシリウスと同じくらい明るく輝いています。2021年4月19日、この惑星も空で太陽の近くを通過し、外合を到達しました。その後、水星は日没から離れて、2021年5月17日に起きる東方最大離角に道を開始しました。この時まで、水星は夕方の空で金星の近くにとどまります。北半球からは、4月末の日没後に惑星が見えるようになります。5月は、北半球からの観測者が夕方の空で水星を見るのに最適な月になります。

今夜の天王星はどこですか?

天王星も太陽に非常に近く、2021年5月1日、日本時間の4時44分に起きる外合を待っています。最も近いアプローチでは、天王星は太陽から0°24 'に現れ、数週間観測できなくなり、太陽のまぶしさで失われます。

地球と天王星が太陽系の反対側にあるためですので、ほぼ同時に、天王星は地球から最も離れています。外合後、天王星は太陽の西に再び現れ、夜明け前の空でより長い期間見えるようになります。

観察のヒント

3つの惑星はすべて、日没後の4月24日に一緒に表示されます。後で、天王星は明るい隣人から離れて、太陽の近くにとどまります。その間、4月25日と26日に金星と水星が近くなるのを見続けてください。

北半球の観測者は、日没後も3つ惑星が長く留まるため、より良い視界が得られます。南の緯度では、トリオはより早く下がります。そして、場所に関係なく、高い木や建物のないところを見つけて、夕日の方向を見るのを忘れないでください。双眼鏡を直接太陽に向けないで注意しれください。そして、事前に天気を確認して方がいいです。惑星を見るには雲がない空が必要です。観測の期間が短くなるので、Star Walk 2を使って惑星の空の位置を確認してください。タイムマシン機能を使用して、最適な視聴時間を選択します。

現在、金星、水星、天王星を見るのは本当に難しいので、4月にそれらを見逃しても心配しないでください。5月末に、金星と水星の合を見る2回目のチャンスがあります。その時、2つの惑星は日没後に高く上昇し、より長く留まります。天王星は金星や水星からかなり離れた場所にとどまりますが、それを見るチャンスはもっと良くなります。

楽しく天体観測をしてください!

テキストクレジット:
画像クレジット:Vito Technology
Star Walk 2 ロゴ

Star Walk 2

App Storeでダウンロード
Google Playで入手する