2020年の夏の天文イベントのトップ5

~5 min
2020年の夏の天文イベントのトップ5

今日、9月22日、地球は分点を過ぎました。そして今、北半球では正式に秋になりました。この機会に、最も印象に残った北半球の夏の5つの天文学的なイベントを思い出しましょう。

これらのイベントについてビデオをご覧ください。

1. ネオワイズ彗星

間違いなく、この夏の主な天文イベントは、予想外の壮大な彗星の到着でした。2020年3月から、ネオワイズ彗星は地球にどんどん近づいて、全世界が注視しました。天文学に興味がある人だけでなく、普通の人々も彗星の輝く尾の写真を撮り、ソーシャルメディアで共有しました。どこを見ればわかった場合と(または星空観測アプリStar Walk 2を使用した場合)、肉眼でネオワイズを見つけることもできました。これは、このような宇宙オブジェクトでは非常にまれです。

7月23日、ネオワイズは地球に最も近い地点に達し、私たちから離れ始めました。この彗星は7000年間に帰らないので、なんとか見られた場合は、良く頑張りました!

2. ペルセウス座流星群

ペルセウス座流星群は毎年のイベントですが、毎回素敵になります。ペルセウス座は、高い活動ですから、おそらく最もよく知られている流星群です。放射点の時には、1時間あたり60以上の流星を生成できます。流星は、スイフトタットル彗星から残された破片の流れによって作成されます。地球がこの破片を通過すると、彗星によって放出された粒子が大気中で燃え上がり、空に明るい光が発生します。今年、ペルセウス座流星群は、街の明かりから離れて、流星を少しでも待ち望んで人々に素敵なショーを提供しました。今年ペルセウスを逃した場合でも、心配しないでください。2021年にそれらを見るチャンスがあります!

3.マーズ2020

2020年7月は間違いなく、火星の月でした。複数の国がほぼ同時に赤い惑星にミッションを送りました。最もエキサイティングなイベントの1つは、NASAのPerseverance(パーサヴィアランス)ローバーの発売でした。ローバーの目的は、惑星の過去の居住性を評価し、火星の表面からサンプルを収集することです。パーサヴィアランスには、「Ingenuity(創意工夫)」と呼ばれるヘリコプターが付属しています。これは、火星での多くの飛行装置の最初となる予定です。マーズ2020ミッションは、ローバーにマイクを提供する最初のミッションでもあるので、火星の音を聞くことを楽しみにしています!

4. セレスの水

準惑星セレスは、NASAのドーン無人探査機が2015年にその軌道に送られて以来、詳しい観測の対象になりました。この8月、科学者たちはついにセレスに水があることの証拠を得ました!彼らは、準惑星の表面上の塩の堆積物が地下の海から来た液体によって残されていることを発見しました。この事実は、セレスが居住可能であった可能性があり、おそらく現在にもそこに生命が存在していることを意味します。詳細については、セレスについてビデオをご覧ください。

5. 木星と土星の衝

2020年7月、地球からの観測者は2つのガス巨人、木星と土星が通常よりも明るく輝くのを見ることができました。それは、両方の惑星の衝ために起こりました。惑星は衝対の周りで地球に最も近い点を通過し、夜空に最も明るくで現れます。Star Walk 2を手元に持っていれば、上空できらきら光っている木星と土星が簡単に見つけます。良い双眼鏡を使えば、木星のガリレオ衛星を見ることができ、普通の望遠鏡で土星の美しいリングを見ることもできます。この壮大な天文イベントを見逃した場合は、来年のチャンスが手に入ります。

これは、2020年夏の最も印象的なイベントのレビューでした。最も楽しんだイベントは何でしたか?ソーシャルメディアで自由に意見を共有してください。この北半球の秋に晴天と幸せな星空観察をお楽しみください!

テキストクレジット:
画像クレジット:Vito Technology

Star Walk 2

Star Walk 2 ロゴ
App Storeでダウンロード
Google Playで入手する