2021年1月中旬の夜空

~5 min
Road in the desert and the purple milky way

1月12日から19日まで空に何が見られますか?私たちの星空を観測のアドバイスを読んで、今夜見える惑星や星、月の満ち欠けなどについて調べられます。今日の記事では、新月が起こり、水星が木星と土星を通過し、火星が天王星に近づき、おうし座がその明るい星を見せます!

今週の月相

水曜日の日本時間の午後2時に、新月が起こります。日光は月の遠い部分にしか届かず、月は太陽と同じ空の領域にあるため、月は約1日完全に見えなくなります。

月は、金曜日の夕方から暗い空に輝き始めます。今週の残りの期間、月は水瓶座の星を旅しながら、次第に満月になり、西の夕方の空で高く登ります。そして、地球照も面白い現象です。太陽光が雲や太平洋から反射すると、月の残りの部分をわずかに照らします。

明るい惑星

今週は木星土星水星に興味がある人に良い週です。水星と土星は夕暮れの中で見るのが難しいでしょうが、最初に木星を見つけてから、他の2つの惑星を探すことができるはずです。このトリオは双眼鏡の視野に簡単に収まりますが、光学系を使用する前に、太陽が地平線の下で完全に消えていることを確認してください。3つの惑星は午後6時頃(現地時間)に上がります。

今週、火星は薄明かりの空で明るく輝いています。肉眼では真っ赤な「星」のように見えますが、望遠鏡で見ると小さな丸い円盤のように見えます。火星は現地時間の午後7時頃に空の最高点になります。その上には、おひつじ座の最も明るい星ハマル(等級2.0)とシェラタン(等級2.6)があります。

火星は東に移動しています。1月19日頃の夜、赤い惑星は、おひつじ座の中にもある青緑色の天王星の近くを通過します。等級5.7の天王星は、望遠鏡、双眼鏡、さらには鋭い肉眼でさえ手の届くところにあります。特に、明るい月が夕方の空にない場合はそうです。望遠鏡では、天王星は近くの星に似ていますが、惑星はそれほどきらめきません。そして、青緑色の色合いで輝きます。

金曜日以降、天王星は再び東に移動し始めます。

おうし座の明るい星

1月には北半球の空にいくつかの明るい星座が一気に輝き、光学機器がなくても見やすくなります。それらには、おうし座オリオン座馭者座、およびふたご座が含まれます。天の川はこれらの星座を通過します。月のない夜に双眼鏡や裏庭の望遠鏡で見るために無数の喜びでそれらを埋めます。

夜の星空観察には、明るい星座おうし座が理想的です。空が暗くなるまでに途中まで上昇し、夜のほとんどは空を横切ります。

この星座の星は雄牛の形をしています。おうし座の特徴的な形は古くから知られており、私たちの先祖が最初の星座の1つとして説明したのはこの星座でした。その時、春分は太陽がおうし座にいたときに起こりました。

今週、おうし座は現地時間の午後半ばに上昇し、午後9時30分頃に南の空に高く登り、その後西に下りて現地時間の午前4時30分頃に下がります。夕暮れ後、オリオン座の三つ子が形成する線を西に続けると、おうし座を見つけることができます。

おうし座の三角形の顔を作る星は、実際には私たちに最も近い散開星団の1つです。太陽からわずか約150光年離れた場所にあり、ヒアデス星団と呼ばれています。星団は、ギリシャ神話のアトラスの娘たちにちなんで名付けられました。彼らは、殺害された兄弟ヒュアースのために泣いたときに雨を生じました。星団には実際には数百個の星が含まれており、月のない空の下で簡単に見られます。ところで、アルデバランは星団の一部ではありません。

アルデバランは、空を横切ってプレアデス星団を追いかけるため、アラビア語で「後に続くもの」を意味し、おうし座で最も明るい星です。それは私たちから65光年離れたところにあるオレンジ色の巨星です。太陽よりもやや涼しく、太陽の2倍以上の質量があり、44倍の太陽の直径を持っています。

プレアデス星団として知られる美しい星団は、7つの若くて熱くて青い星で構成されています。ギリシャ神話では、プレアデス星団はアトラスの娘であり、ヒアデス星団の異母姉妹でした。

プレアデス星団は太陽から約450光年離れた場所にあり、双眼鏡や低倍率の望遠鏡でも素晴らしいターゲットになります。暗い空の下にある大きな望遠鏡はまた、星の周りの青い星雲を明らかにします。それは星が通過している無関係のガスと塵からの反射光。

今週の観察のヒントをお楽しみいただけたでしょうか。澄み渡る夜空の下で楽しく天体観測をしてください!

テキストクレジット:
画像クレジット:Vito Technology
Star Walk 2 ロゴ

Star Walk 2

App Storeでダウンロード
Google Playで入手する