アルシア山狭長雲

~3 min
アルシア山狭長雲

神秘的で長い雲が7月中旬に再び火星で発見されました。この面白い雲についてもっと知りたいかとTwitterで聞いたところ、94%が賛成票を投じました。そこで、これまでにわかっている事実を集めました。

アルシア山狭長雲は何ですか?

Arsia Mons Elongated Cloud、AMEC、アルシア山狭長雲は、火星の20キロメートルの上のアルシア・モンス休眠火山の上にあるレンズ雲です。この雲は尾のような形があり、水と氷で構成されており、長さは1,800キロメートルを超えることがあります。長さは火星の日を通して変化します。朝になると赤道と平行して長くなります。 火星の1日(1火星太陽日、1sol)は、地球の日の24時間39分35秒です。

AMECは毎週火星の年(地球上で687日に等しい)が火星の80日間以上、毎日発生します。火星の空で太陽が最南端(日本でいえば冬至にあたる時期)に位置する時期に発生します。 毎週火星の朝、雲が現れると、雲が形成されて数時間で消え、研究が困難になります。 火星の周りの軌道にあるほとんどの宇宙船が観測する午後には雲が見ることができません。ですから、この雲がマーズ・エクスプレスによって運ばれたカメラ(Visual Monitoring Camera、VMC)によってのみキャプチャされた理由です。このカメラは、惑星の非常に広い領域を1つのフレームで撮影できます。宇宙船の高度に楕円の軌道と合わせて、マーズ・エクスプレスはアルシアの雲の写真を撮ることができます。

マーズ・エクスプレスと他の軌道船も2009年、2012年、2015年、2018年にアルシアの雲を発見しました。2020年7月29日、欧州宇宙機関は、マーズ・エクスプレスでVMCが作成した2枚の写真の証拠とともに雲が再び登場したと主張しました。

この雲の原因は何ですか?

いいえ、火星に火山の噴火ではありません。アルシア山は5000万年前に最後に活動しました。雲の位置にもかかわらず、それは火山の活動の結果ではなく、地球でも定期的に発生する気象現象です。レンズ雲は定在大気波によって引き起こされます。空気が下降点から上昇点に移動するように強制されると、空気が冷えて凝縮物が雲を形成します。普通、雲は空を横切って移動しますが、レンズ雲はそれを形成した風景の特徴に関連付けられています。それらは常に地形オブジェクトの風下側、通常は山、またはそれらを引き起こしている気流に発生します。

私たちに書いてほしいトピックがある場合は、ソーシャルメディアでお知らせください。ウェブサイトかアップリに、天文学の最もエキサイティングなイベントとニュースについて読めます。

テキストクレジット:
画像クレジット:ESA/DLR/FU Berlin/J. Cowart

Star Walk 2

Star Walk 2 ロゴ
App Storeでダウンロード
Google Playで入手する