2022年3月の星団

~3 min
2022年3月の星団

星団(銀河や星雲とともに)は、「遠距離天体」(英語:deep-sky object、DSO)のカテゴリに属します。これは、太陽系の外にあるかすかな天体です。この記事では、今年3月に見ることができる4つの星団について説明します。そのうちの2つの隣で月を見られます!

3月3日:南天のプレアデス

南天のプレアデス(IC 2602としても知られている)は、りゅうこつ座の散開星団です。そのニックネームから推測できるように、この星団は南半球でのみ見ることができます。1.9の等級で、北の対応物であるプレアデス星団よりも暗いですが、それでも肉眼で見つけることができます。ただし、観察には双眼鏡または望遠鏡を使用するのが最善です。3月3日、南天プレアデスは現地時間の深夜0時頃に空高く上昇します。

Sky Tonightアプリを使えば、この天体を簡単に見つけることができます。拡大鏡アイコンをタップし、検索フィールドに「IC 2602」と入力してから、ターゲットアイコンをタップします。これにより、南天のプレアデスの現在の位置が表示されます。

3月8日:プレアデス星団と月

プレアデス星団(M45としても知られている)は、おうし座の美しい散開星団です。これは、地球に最も近い星団の1つであるだけでなく、最も近いメシエ天体でもあります。地球からの距離は約444光年です。プレアデス星団は空で簡単に見つけることができます。肉眼では、6つの明るい星で構成された小さな「ひしゃく」のように見えます。双眼鏡を使用すると、星団内のより多くの星を見ることができます。3月8日、明るいプレアデス星団(等級1.2)は、空に三日月を伴います。月は、最も近い接近で星団から3.8°離れて配置されます。

What’s bigger: lunar distance, astronomical unit, or light-year? How are these units used? Check out our infographic to find these out!
インフォグラフィックを見る

3月9日:願いの井戸星団

願いの井戸星団(NGC 3532とも呼ばれる)は、りゅうこつ座の散開星団です。歴史的事実:ハッブル宇宙望遠鏡がこれまでに観測した最初のターゲットでした。暗い夜には、NGC 3532を肉眼で空のぼんやりとしたスポットとして見ることができます。双眼鏡や望遠鏡を通して見ると、この見事な天体は、井戸の底に散らばっている銀貨のコレクションのように見えます。南半球にお住まいの方は、3月9日に願いの井戸星団を見ることができます。現地時間の深夜0時頃に空高く上昇し、見かけの等級は3になります。

3月14日:プレセペ星団と月

ビーハイブ星団(M44、NGC 2632、としても知られている)は、かに座の散開星団です。もう1つの歴史的事実:2012年、天文学者はこの星団内で太陽のような星を周回する惑星を発見しました。これらは、密集した恒星環境でこれまでに発見された最初の惑星でした。

良好な条件では、ビーハイブ星団(等級3.7)は、空の光のぼやけたパッチとして肉眼で見ることができます。10x50の双眼鏡を使用すると、星団内で最大20個の星を見ることができるはずです。3月14日にビーハイブ星団を観察してみることをお勧めします。ビーハイブ星団は、空で月とペアになります。最も近いアプローチでは、月は星団から3.7°離れて配置されます。

楽しく天体観測をしてください!

テキストクレジット:
画像クレジット:Vito Technology, Inc.
Trustpilot