フォボスとダイモス:火星の衛星の特徴

~9 min
フォボスとダイモス:火星の衛星の特徴

145年前、1877年8月、火星を周回する2つの衛星、フォボスとダイモスが正式に発見されました。それらは、全体の太陽系で最も面白い自然衛星の2つであることが判明しました。これらの衛星の特徴を見てみましょう。

目次

興味深い事実

  • 火星にいたなら、月の奇妙な動きに驚かれることでしょう。ダイモスが空を西に向かってゆっくりと66時間かけて旅している間に、フォボスは反対方向に6回以上急速に揺れます。

  • フォボスは、太陽系の他のどの衛星よりも近く、その惑星を周回しています(火星の表面からわずかに6,000 km)。比較において、地球の月は地球から384,400 km上にあります。ダイモスは太陽系惑星の衛星の中で2位にあります。

  • 火星は衛星を失います。火星にゆっくりと接近するフォボスは、惑星に衝突するか、環に分かれます。反対に、ダイモスは火星から遠ざかり、最終的に火星の軌道から離れます。

  • 火星の表面から見ると、フォボスは**月の約半分の大きさに見えます**が、直径は月のわずか1%しかありません。ダイモスは星の大きさに見えます。

  • フォボスとダイモスの起源はまだ議論の余地があり、惑星の衛星が通常形成される方法とは一致しません。

火星の衛星の数

現在、火星の軌道で発見された衛星はフォボスとダイモスの2つだけです。赤い惑星にはさらに多くの衛星があり、サイズは約50〜100メートルであるという理論がありますが、まだ見つかっていません。

フォボス(Mars I Phobos)

  • 半径:11.2 km
  • 質量:1.0659×10^16 kg
  • 公転周期:7 s 39 m 12 sec
  • 表面温度:−4 °C ~ −112 °C
  • 軌道距離:9235,6 km
  • 回転:同期
  • 視等級:11.8
  • 名前の由来:狼狽のギリシャ神

ダイモス(Mars II Deimos)

  • 半径:6.2 km
  • 質量:1.4762×10^15 kg
  • 公転周期:30.3 h
  • 表面温度:-40.15°C
  • 軌道距離:23,458 km
  • 回転:同期
  • 視等級:12.89
  • 名前の由来:恐怖のギリシャ神

火星の衛星の起源の理論

火星の衛星の起源を説明するいくつかの理論があります。それらを詳しく見てみましょう。

元小惑星

フォボスとダイモスは、その不規則な形状と多数の表面のクレーターを考慮すると、火星の引力によって捕獲された小惑星である可能性があります(土星のフェーベと海王星のトリトンのように)。しかし、火星の衛星のほぼ円形の軌道は、このシナリオではありそうにありません。コンピューターのシミュレーションによると、フォボスとダイモスが本当に小惑星だった場合、それらの軌道はより不規則になることが示されています。

巨大な影響の結果

火星の衛星は、大規模な衝突の結果として形成された可能性があります(おそらく月と冥王星の衛星に起こったように)。その衝突により、岩石や破片が火星の周りの軌道に送り込まれました。しかし、小惑星仮説と同様に、コンピューターのシミュレーションはこの理論を反証しています。明らかに、フォボスやダイモスのような小さくて軽い衛星の形成につながる可能性のある衝突パラメータの組み合わせはありません。

火星周辺の岩石や塵から形成された

フォボスとダイモスは、太陽系初期の火星を周回していた岩石と塵の巨大な円盤から形成された可能性があります。木星系、土星系、天王星系のほとんどの衛星でも同じことが起こりました。しかし、科学者たちは、これには巨大な円盤が必要であり、火星の周りに円盤があった場合、2つの小さな衛星ではなく、1つの大きな衛星が形成される可能性が高いと述べています。

壊れた衛星の残骸

他の自然衛星の形成を説明する以前の3つの理論では火星の衛星を説明できないため、科学者たちは新しい考えを思いつきました。

最近の研究では、フォボスとダイモスの軌道が10億年から27億年前に交差した可能性があることが示されました。これは、フォボスとダイモスの前身は巨大な衝突によって崩壊した可能性が高い、より大きな1つの衛星であったことを示唆しています。この衛星の残骸が火星に落ちた可能性があり、これが火星の表面に複数のクレーターがあることを説明します。

この理論を証明するには、さらに多くのデータが必要です。科学者たちは、2つの衛星を調査し、フォボスからサンプルを持ち込むことを目的とするJAXAの火星衛星探査計画に期待を寄せています。2つの衛星の起源を明らかにすることは、太陽系の形成について理解を深めるのに役立ちます。

誰が火星の衛星を発見した?

アメリカの天文学者アサフ・ホールは、1877年に2つの火星の衛星を発見しました。ホールは8月12日に最初の衛星を発見し、ダイモスと名付けました。6日後の8月18日に、ホールは2番目の衛星を見て、それをフォボスと呼ばれました。

天文学者は、火星に衛星があることを最初に示唆したのは17世紀で、木星の衛星が発見された頃です。しかし、天文学者がこのアイデアを思いついたのは、計算や観察によるものではなく、間違いによるものです。

秘密保持の懸念から、ガリレオ・ガリレイはヨハネス・ケプラーへの手紙でアナグラムを使用しました。ガリレオが最初に土星の近くで奇妙なことに気付いたとき、ケプラーに「最も高い惑星がトリプレットであることを観察しました」を意味するアナグラムを送りました。ガリレオは土星とその環について言及していました(原始的な望遠鏡では点のように見えたため、衛星と間違えました)。ケプラーはこのアナグラムを「火星には衛星が2つある」と解釈しました。これはもちろん真実でしたが、天文学者は誰もこれについて知りませんでした.

当時の望遠鏡は弱すぎて、火星に非常に近い軌道を回っている小さい衛星を表示できませんでした。この面白い偶然の一致の後、天文学者はさらに2世紀を費やして、火星の自然衛星を見つけようとしました。

火星の衛星の名前

アサフ・ホールは火星の衛星を、ギリシャ神話の双子、恐怖の神であるフォボスと、恐怖の神であるダイモスにちなんで名付けました。フォボスとダイモスは、ギリシャの戦争の神アレスの息子でした。ローマ人にとって、神アレスは神マルス(マーズ、火星)として知られていました。

よくあり質問

火星の2つの衛星は何ですか?

火星には、フォボス(Mars I Phobos)とダイモス(Mars II Deimos)の2つの衛星があります。両方の衛星は非常に小さいです。フォボスの半径は11.2キロメートル、ダイモスの半径はわずか6.2キロメートルです。

火星は衛星を失いますか?

計算によると、ダイモスは徐々に火星から遠ざかり、最終的には火星の軌道を離れることになります。反対に、フォボスは惑星に近づいており、いつの日か火星に衝突する可能性があります。

フォボスはどうなりますか?

火星はフォボスを破壊します。火星の重力は、100年ごとに約1.8メートルずつフォボスを引き寄せています。このままでは、5000万年後に、衛星は火星の表面に衝突するか、環に分かれます。

誰が火星の2つの衛星、フォボスとダイモスを発見しましたか?

アメリカの天文学者アサフ・ホールは、1877年8月にフォボスとダイモスを発見しました。ホールは8月12日にダイモス、8月18日にフォボスを見ました。ダイモスの発見の前日、火星の衛星探査をあきらめかけたが、奥様の説得で観測を続けたといいます。

結論:火星の2つの衛星、フォボスとダイモスは、太陽系で最も奇妙な衛星の2つです。それらは小さく、形が小惑星に似ており、火星に他の衛星よりも近い軌道を回っています。さらに、それらの起源は他の衛星の形成と一致せず、一見ほとんど不可能に思えます。

テキストクレジット:
画像クレジット:Vito Technology, Inc.
Trustpilot