今週の明るい空

~4 min
今週の明るい空

今週、2つの面白い天文学イベントが発生します。まず、明るい火の玉で有名なおうし座北流星群が活動のピークを生み出しています。次に、明るく輝いて、水星は太陽から離れて移動し、最大の西の離角に達します。どちらのイベントも注目に値します。

おうし座北流星群

毎年おうし座北流星群は、北と南の2つの要素で構成されています。それらは、それらが出るように見える星座おうし座にちなんで名付けられています。両方の流星群も比較的長続きします。おうし座南流星群は9月10日から11月20日まで活動し、おうし座北流星群は10月20日から12月10日まで続きます。10月の流星群に関する記事で、おうし南座流星群の詳細を説明しました。

このような長期間の活動は、流星群の起源によって引き起こされます。おうし座流星群は、エンケ彗星に関連していますが、おそらくはるかに大きな彗星の残骸です。この彗星は過去3万年の間に崩壊し、広がった大量の物質を宇宙に放出しました。地球は、他の流星群と比較して、通常よりも通過するのに時間がかかります。

おうし座北流星群は2020年11月11日から12日の夜にピークに達します。しかし、今から見上げて、おうし座北流星群が深夜頃に探して方がいいです。暗い空の状態で、1時間あたり約5つの流星を期待します。流星がゆっくりと空を横切って移動し、煙の跡を残すのを見られます。幸いなことに、月が三日月になるから、観測には妨害にならない。

10月下旬と11月上旬のおうし座流星群の活動のピークを示すために、天文学者はこの流星をハロウィーンの火の玉と呼ぶことがあります。おうし座流星群は、非常に明るい流星で一般的に知られています。たとえば、2005年のハロウィーンの頃、世界中の人々が夜空を照らす明るい火球を報告しました。2013年のおうし座南流星群では、同じショーを南カリフォルニア、アリゾナ、ネバダ、ユタで見せました。

おうし座流星群に関連する地球の大気には、より多くの活動があります。2017年11月14日、グリニッジ標準時16:45頃、ドイツのダルムシュタットの北東約50kmにある地球の大気圏にサッカーボールのサイズの流星物質が侵入しました。流星物質が真に終末論的な空の眺めを作り出したので、メディアはそれを広く報道しました。それは地球に向かう途中の明るい光の筋のように見えました。英国ドーセット出身の写真家、Ollie Taylorは、この素晴らしいシーンをなんとかキャプチャしました。この写真は、この記事の上部にあります。

最大の西部離角での水銀

2020年11月11日、日本時間の1:42に、水星は最大の西部離角、または太陽からの最大の離角に到達します。惑星は-0.6等級で輝いています。通常、水星の最大伸び角度は18°から28°の間で変化します。この離角の間に、惑星は太陽の西に19°の最大間隔に達します。

水星の軌道は地球よりも太陽に近いため、水星を見るのが非常に困難ですから、常に太陽の近くに表示され、太陽のまぶしさで消えていきます。しかし、水星が最大の離角に達した後、太陽から最も遠くに位置しているので、それは数週間観察可能になります。これらのイベントは3〜4か月に一度繰り返され、水星が太陽の東にあるか西にあるかに応じて、朝または夕方の空に発生します。

最も興味深い天文現象を追跡するには、Star Walk 2アプリで通知を設定します。アプリは、次の流星群、合流、衝、満月、日食などについて通知します。アプリを開き、「通知」セクションに移動して、必要なオプションを選択するだけです。天文イベントに関する通知を受け取る方法については、当社のWebサイトに簡単なビデオガイドがあります。

澄み渡る夜空の下で楽しく天体観測をしてください!

テキストクレジット:
画像クレジット:Ollie Taylor

Star Walk 2

Star Walk 2 ロゴ
App Storeでダウンロード
Google Playで入手する