10月流星群【2022年】:オリオン座流星群、りゅう座流星など

~7 min
10月流星群【2022年】:オリオン座流星群、りゅう座流星など

10月には流星がいっぱいあります。強いオリオン座流星群、明るいりゅう座流星群(ジャコビニ流星群)、さらに5つの流星群が今月に極大を迎えようとしています!今日の記事では、「流れ星」の見頃と見方について説明します。

目次

流れ星の見方

流星群のリストの前に、良い観測には、次のことを行う必要があることを忘れないでください。

  • 天気予報をチェック;
  • 極大の時間を見つける;
  • 放射点が空で高くなっている時間を調べる;
  • 月の満ち欠けに注意。

前の記事でもっと流星群を見るためのヒントを入手してください。「流れ星」を見つけるスキルをテストするには、流星を捕まえる方法に関するクイズを受講してください。

流星を見るために一番良い月の満ち欠けは何ですか?最も多くの流星を見るためにどこを見るべきですか?このクイズでは、流星群に関する知識をテストし、最も流星を見る方法に関する役立つヒントを得ることができます。
クイズをスタート!

10月の強い流星群

10月9日:りゅう座流星の極大

  • 天頂出現数:10
  • 月の輝面率:100%
  • 期間:10月6日から10日まで
  • 放射点の星座:りゅう座
  • 見える場所:北半球
  • 見やすさ予報:**りゅう座流星群(ジャコビニ流星群)は2022年に見難いです。今年、この流星群のピークは満月(日本時間の10月10日の午前5時55分)と一致します。したがって、月明かりが流れ星を私たちの視界から隠してしまう可能性があります。
  • 説明:りゅう座流星群は予測不可能です。夜明け前に最もよく見える他の流星群とは異なり、りゅう座流星群は夕方に最もよく見えます。多くの場合、りゅう座流星群は暗い空の下で10個以下の流星を生成しますが、1時間に数百個の流星でスターゲイザーを楽しませたこともあります。次にそのようなショーは2062年に予測されています。

10月21日:オリオン座流星群の極大

  • 天頂出現数:20
  • 月の輝面率:17%
  • 期間:10月2日から11月7日まで
  • 放射点の星座:オリオン座
  • 見える場所:どこでも
  • 見やすさ予報:オリオン座流星群は、2022年10月に最も壮観な流星群になるでしょう。三日月は早朝に昇り、観測を妨げることはありません。オリオン座流星群の放射点は真夜中前に上昇し、どちらの半球でも現地時間の午前2時頃に最高に達します。
  • 説明:オリオン座流星群は速い流星と明るい火球で知られています。オリオン座流星群の流星は66 km/sで地球の大気圏に入ります!これらの早い流星は、数秒間続く電離ガスの軌跡も生成します。一般的に、オリオン座流星群は最も美しい流星群の1つです。

10月の弱い流星群

10月6日:10月きりん座流星群の極大

  • 天頂出現数:5
  • 月の輝面率:1%
  • 期間:10月5日から6日まで
  • 放射点の星座:きりん座
  • 見える場所:北半球
  • 見やすさ予報:2022年は、流星群が満月の近くでピークに達するため、10月きりん座流星群を観察するための条件は決して良好ではありません
  • 説明:これらの流星の数が少ないので、普通、壮観ではありません。明るくて珍しい10月きりん座流星は、活動の爆発の可能性を待つ準備ができている情熱的な流れ星のハンターのためのものです。

10月10日:おうし座南流星群の極大

  • 天頂出現数:5
  • 月の輝面率:100%
  • 期間:9月10日から11月20日まで
  • 放射点の星座:おうし座
  • 見える場所:どこでも
  • 見やすさ予報:残念ながら、今年は、おうし座南流星群のピークは満月の次の夜に発生します。ただし、おうし座南流星群は2か月以上続くので、月がそれほど明るくない別の機会に流星を観察してみてください。
  • 説明:この流星群は、流星写真の初心者に最適です。おうし座流星群の明るくて遅い流星は、写真のために理想的なターゲットです。この流星群はまた、低いと安定の流星の数を持っているため、視覚的な計画手法を実践することができます。ここにいくつかの流星群を撮影する方法のヒントがあります。

10月11日:ぎょしゃ座δ流星群の極大

  • 天頂出現数:2
  • 月の輝面率:97%
  • 期間:10月10日から18日まで
  • 放射点の星座:ぎょしゃ座
  • 見える場所:北半球
  • 見やすさ予報:2022年には、ほぼ満月からの光が、ぎょしゃ座δ流星群の観測を妨害します
  • 説明:国際流星機構(IMO)によると、ぎょしゃ座δ流星群は広く研究されていません。この流星群に関する現在の情報は、1990年代後半以降のIMOビデオデータに基づいています。したがって、どんな観察もそれについての知識を洗練するかもしれません。

10月18日:​ふたご座ε流星群の極大

  • 天頂出現数:3
  • 月の輝面率:43%
  • 期間:10月14日から27日まで
  • 放射点の星座:ふたご座
  • 見える場所:どこでも
  • 見やすさ予報:ふたご座ε流星群は真夜中過ぎに最も活発になるため、午前3時頃に欠けていく三日月が昇る前に、短い観察期間があります
  • 説明:12月のふたご座流星群と比較すると、ふたご座ε流星群はそれほど面白くありません。1時間に数個の流星しか見えないため、特に寒い場合は、夜中に外に出る価値はありません。ただし、ふたご座ε流星群は、オリオン座流星群とほぼ同時に極大を迎えるため、一般的にオリオン座流星群への優れた追加です。

10月24日:こじし座流星群の極大

  • 天頂出現数:2
  • 月の輝面率:1%
  • 期間:10月19日から27日まで
  • 放射点の星座:こじし座
  • 見える場所:北半球
  • 見やすさ予報:月は今年、こじし座流星群の観測に干渉しません。現地時間の真夜中頃に観測を開始します。
  • 説明:小しし座流星群は、ビデオ流星データで最初に発見されました。暗い空の下では、この流星群は肉眼で見ることができます。しかし、アマチュアのスターゲイザーにとって興味深いターゲットになるには弱すぎます。

これらは、観測者が2022年10月に見ることができる7つの流星群です。うまくいけば、この記事がその月の流星群の観測をスケジュールするのに役立つでしょう。天体観測アプリを使用して、放射点の所や、任意の日付の月の満ち欠けを学びましょう。

テキストクレジット:
画像クレジット:Vito Technology, Inc.
Trustpilot