はくちょう座カッパ流星群

~3 min
はくちょう座カッパ流星群

8月は流星群の月です。それは、ペルセウス座流星群から始まり、はくちょう座カッパ流星群と続きています。この記事にははくちょう座κ流星群はなぜそんなにユニークな流星群を教えて、重要な質問への回答もあります。例えば、この流星群の見方とそれがどこから見えるかのような質問です。

流星群、その起源、放射点などの詳細について知るために、ここをクリックしてください。また、ここでは、空の「流れ星」を最もよく見る方法を確認できます。これらの事実、用語、提案がわかると、読み続けてください。

いつ、どこから見られますか?

はくちょう座κ流星群は、夏の最後の流星群です。これは8月3日から25日まで北半球から見え、8月17日がピークになります。青白い短尾流星は、ペルセウス座流星群の流星の速度より遅いです。放射点は、りゅう座、こと座、はくちょう座の間にあり、はくちょう座のκ星の近くにあります。

放射点が高いほど、流星が多く見えます。空に放射点を見つけるには、Star Walk 2アプリが使えます。天体観測に使用したり、コンテンツを購入して宇宙の知識を広げたりできます。さらに、ARモードをオンにして、星座の名前が付いた魔法の夜空を確認し、小さな星も見逃さないようにすることができます。

はくちょう座κ流星群の発見の歴史

はくちょう座κ流星群は1874年の8月11日から12日までの夜にハンガリーの天文学者N. de Konkolyによって最初に発見されました。Konkolyの主な標的はペルセウス座流星群だったので、起源が不明な流星がいくつかに気づいたとき、それらにあまり注意をしませんでした。

1877年、イギリスの天文学者ウィリアム・デニングは、はくちょう座κ流星群にも気づきました。Konkolyのように、彼はペルセウス座流星群を観察している間、はくちょう座κ流星群を初めて見ました。しかし、さらに数日間その観察を続けました。科学雑誌「天文台」で、彼は流星の頻度と明るさに驚いたと書きました。それらの流星は、はくちょう座の北西の境界から現れました。

何がユニークなのですか?

いろいろなソースがいろいろなデータがありますが、間違いなく言えることの1つは、この流星群は十分に研究されていないということです。

デニングはこの流星群のすごい明るさについて書きましたが、最近の記事では、はくちょう座カッパ流星群はかすかな流星群として形容されています。それにもかかわらず、この流星群には、火球を生成するかなりの数の大きな断片が含まれています。流星群の活動は年ごとに非常に変動すると想定されています。可能な期間は6.6年です。はくちょう座κ流星群は、2014年と2007年に活動の増加を示し、その活動は1990年から2005年の景気後退の後に増加しています。これまでのところ、2020年に何か特別なものを準備しているかどうかはわかりませんが、常に準備ができている方がいいです。

ソーシャルメディアでフォローして、教育的なコンテンツや最新の天文アップデートを調べることができます。幸せな星空観察!

テキストクレジット:
画像クレジット:Vito Technology

Star Walk 2

Star Walk 2 ロゴ
App Storeでダウンロード
Google Playで入手する