2021年12月満月はコールドムーン!

~3 min
2021年12月満月はコールドムーン!

2021年の最後の満月である12月の満月の日は12月19日です。コールドムーンとして知られ、ソルスティスムーン(至点の月)、またはロングナイトムーン(長き夜の月)とも呼ばれます。今日の記事では、この満月の名前と特徴について話します。

月のファンであるか、天文学の面白い事実を楽しんでいるなら、新しいインフォグラフィックをチェックしてください!

コールドムーンとは?

それぞれの満月の名前は、それが発生する月の特性を表しています。コールドムーン(Cold Moon、冷たい月)も例外ではありません。その名前は、気温が大幅に下がる12月の厳しい気象条件を明確に示しています。

12月満月の他の名前

今日、よく使う満月の名前は、アメリカ合衆国の先住民族の文化に由来しています。特に「コールドムーン」という名前は、北米の先住民であるモホーク族に由来しています。しかし、満月は他の文化では異なって呼ばれます。12月の満月の名前の例を次に示します。

  • 中国人:苦い月
  • 中世イングランド:オーク月
  • チョクトー人:雪の月
  • 植民地時代のアメリカ人:クリスマス月
  • 南半球人:いちご月、ハニー月、ローズ月

12月満月はいつ?

まず、「満月」という言葉を明確にしましょう。月は黄道経度で太陽の反対側にある瞬間に満月になると言われています。言い換えれば、月と太陽の黄経差が180度になる時です。今月、月は2021年12月19日、13時35分(グリニッジ標準時04:35)に満月になります。

しかし、正確な時間は本当に必要ありません。満月は日没直後、大きくオレンジ色に見えるときに最も壮観です。そして、肉眼では、数晩続けて満月に見えることを忘れないでください。だから、12月19日から20日(またはその周りの夜)の月の出を待って、魔法のように見える満月を楽むことができます!

次の満月はいつ?

空が、今、曇っていると、2022年1月17日、ウルフムーンと呼ばれる次の満月が発生するのを待って方が良いです。月が犬のようなハンターと何の関係があるのかについては、日付に近い次の記事の1つで説明します。

至点の月

今月の満月は、2021年12月21日の至点のちょうど2日前に発生します。これらの2つの天文現象が非常に接近して発生すると、満月がソルスティスムーン(至点の月)と呼ばれています。そして、冬至は北半球の人々に最短の日と最長の夜をもたらすので、この満月は時々ロングナイトムーン(長き夜の月)と呼ばれます。

至点への別の言及は次のとおりです。12月の満月は6月の太陽の進路を厳密にたどります。北半球に、12月の満月がほぼ空の頂上にある(夏至の太陽のように)のを見ると、これが起こっていることがわかります。逆に、南半球では、月は地平線より上に低く留まります。6月の太陽と同様です。

これで、12月の満月の名前の意味と、空の明るい月を見るのに最適な時期がわかりました。気に入ったら、この記事を友達と共有ことができます。

楽しく天体観測をしてください!

テキストクレジット:
画像クレジット:Vito Technology, Inc.
Trustpilot