1. ホームページ
  2. 天文ニュース

天文現象カレンダー:2021年夏の星空ガイド

~8 min
天文現象カレンダー:2021年夏の星空ガイド

2021年6月21日に発生した夏至は、新しい天文学の季節の始まりを示しました。北半球の夏と南半球の冬です。この記事では、新しい季節を見逃したくない必見の天体観測イベントを集めました。

内容

流星群

7月28〜29日:みずがめ座δ流星群

みずがめ座δ流星群が極大を迎える7月下旬に壮大な夜空の景色を楽しむ機会があります。みずがめ座δ流星群は、7月12日から8月23日まで出現し、7月28日から29日に極大を迎えます。極大の時には、この流星群は1時間あたり最大20個の流星を生成する可能性があります。みずがめ座δ流星群の名前は、みずがめ座にあるδ星にちなんで付けられました。この星の近くから流星群が広がっているように見えるためからです。流星群の可能な母天体は、96Pマックホルツ第1彗星です。みずがめ座δ流星群は、南半球と北半球の熱帯緯度で最もよく見えます。

8月12〜13日:ペルセウス座流星群

見るのに最適な流星群の1つであるペルセウス座流星群は8月12〜13日に極大を迎えます。この日に、観測者達は1時間あたり最大60個の流星を見るチャンスがあります。ペルセウス座流星はペルセウス座γ星付近を放射点として出現する流星群です。ペルセウス座流星群は毎年7月17日から8月24日まで活動しており、スイフト・タットル彗星によって生成されます。それを探す場所とそれを見るのに最適な時期を知ると、ペルセウス座流星群が忘れられない経験をもたらすことは間違いありません。イベントの直前に、できるだけ多くの流星を捕まえる方法について、いくつかの天体観測のヒントを紹介します。

惑星の衝

8月2日:土星が衝

8月2日、ガス巨人がが衝となるので、8月初旬は土星とその環を見るのに最適な時期です。地球が惑星と太陽の間に置かれるとき、惑星は衝となると言われます。衝では、ガス巨人が私たちの惑星に最も近い点を通過し、その面が完全に太陽に照らされます。そのため、土星は夜空で最も大きくて明るく見えます。土星を楽しみ、この素晴らしい惑星とその環の写真を一晩中撮ることができます。

8月20日:木星が衝

8月20日、天文学愛好家は木星を最高のビューを楽しむチャンスがあります。この日、太陽系で最大の惑星が衝となり、今年の他のどの時間よりも明るく大きく見えます。また、木星の衝は、双眼鏡や望遠鏡でガリレオ衛星を観測するのに最適な瞬間です。

9月14日:海王星が衝

この天文学的な夏に海王星も衝となります。9月14日、太陽から8番目で最も外側の惑星は、太陽から180度の位置にあり、地球はそれらの間を通過します。天王星は地球に最も近い点に到達しますが、肉眼では見えません。天王星を見るには、双眼鏡または望遠鏡を使用して方がいいです。

水星の最大離角

7月5日:水星が西方最大離角

7月初旬、朝に水星を見るには最適な時期です。7月5日に、早くて小さい惑星は、太陽から21.6度に離れて、西方最大離角となります。日の出直前の空の東部で、とらえどころのない水星を見つけてみます。

9月13日:水星が東方最大離角

9月に水星を最高の状態で観察するもう1つの機会があります。9月13日、惑星は太陽から26.8度の東方最大離角となります。日没後、空の西部で水星が低く輝いているのが見ることができます。水星の東方最大離角は、夕方に水星が見えるため、夕方の離角としても知られています。逆に、水星が朝の空に輝くから、西方最大離角は朝の離角と呼ばれます。

満月

6月24日:スーパーストロベリームーン

6月24日に降るストロベリームーンは、2021年の天文学的な夏の空を飾る最初の満月になります。北米の伝統によると、6月の満月は、果物とイチゴのを集める時期であるため、その名前が付けられています。一部の情報筋は、これを2021年の3つのスーパームーンの最後と見なしていますが、「スーパームーン」という用語の作者であるリチャードノールは、21世紀のスーパームーンリストに含めていません。インフォグラフィックでもっとスーパームーンとマイクロムーンについての興味深い事実を学ぶことができます。

8月22日:ブルームーン

8月22日、眩しいブルームーンが空を飾ります!ブルームーンとはなんですか?この名前は月の色とは関係がありません。この名前はこの現象の希少性を際立たせています。ブルームーンには2つの定義があります。一つの定義によると、2つの満月がある暦月の2番目の満月はブルームーンです。他の定義によると、これは4つの満月を持つ季節の3番目の満月です。この定義は2021年の8月の満月と似合います。この珍しい天文イベントを目撃するチャンスをお見逃しなく!

9月20日:ハーベストムーン

2021年の夏は、9月22日に発生する秋分で終わります。このイベントに最も近い満月はハーベストムーンとして知られています。今年は、9月20日に空を飾ります。ハーベストムーンの明るい光は伝統的に、農民が作物を収穫して夜遅くまで働くのを助けていたので、その名前が付けられました。

惑星の合

7月13日:金星と火星の合

7月13日の夕方、壮大な金星と火星の合が起こります。空で最も明るい惑星である金星は、火星よりも約200倍輝いているため、赤い惑星を見つけるには双眼鏡が必要になるでしょう。この天文学的なデュオを見るには、遮るもののない地平線を見つけて、夕暮れの日没の方向を見て方がいいです。

8月19日:火星と水星の合

8月19日に見られるもう1つの天体観測イベントは、水星と火星の合です。このデュオは、しし座の星の間に配置されます。ただし、水星と火星は夕日に近いため、見るのが難しいです。双眼鏡を使って、日没時に惑星を探します。

この夏、他の天体観測イベントが発生?

  • 6月の満月の少し前に木星は逆行運動を開始しました。ガス巨人は10月中旬までに順行運動を再開します。
  • 6月下旬に行われるもう1つ面白い天文現象は、火星がビーハイブ星団を通過することです。ビーハイブ星団は、かに座のメシエ44としても知られています。6月23日の夕暮れ後、これらの美しい天体の監視を開始します。
  • 7月中旬には、ニューヨーカー人はラッキーになります。ニューヨーカーにいる人々は、7月12日から13日にマンハッタンヘンジを目撃することができます!この驚くべき現象は、太陽が至点に近い日付でマンハッタンのメインストリートグリッドを形成する通りと整列するときに発生します。マンハッタンヘンジは、12月と1月の日の出の時で、5月と7月の日没の時、年に4回あります。
  • また、7月から、北半球のスターゲイザーは夏の大三角アステリズムを最高の状態で観察できるようになります。この著名なアステリズムは、デネブ、ベガ、アルタイルの3つの輝かしい星で構成されています。7月と8月の真夜中頃に夏の大三角の頭上が見えます。ちなみに、星座とアステリズムの違いとは何ですか?私たちの最近の記事でそれを見つけることができます!
  • 9月(および10月)は、北半球から天の川に最も近い大きな銀河であるアンドロメダ銀河を観測するのに最適です。双眼鏡を持って、真夜中頃に頭上にある美しい物体を観測します。さらに、北極光シーズンは9月に始まります。これらの緑色の光は、秋分の周り、特に活発になります。

これらは2021年夏の主要な天文イベントです。新しい季節の星空のハイライトを楽しんだ場合は、この記事を友達と共有してください。楽しく天体観測をしてください!

テキストクレジット:
画像クレジット:Vito Technology, Inc.
Trustpilot
Star Walk 2 ロゴ

Star Walk 2

App Storeでダウンロード
Google Playで入手する