エッジワース・カイパーベルトからのニュース

2015 年に NASA のニューホライズンズによって撮影された写真により、研究者達はカイパーベルトのオブジェクトの形成に関する新たな事実を発見することができました。冥王星最大の月の表面を観察することで、小さなクレーターの数が比較的少ないことが判明しました。

矮惑星とその衛星のほとんどのクレーターは、カイパーベルトの小さな物体との衝突により形成されました。冥王星とカロンはカイパーベルトに古くからあり、クレーターのサイズには衝突した物体 (KBO) の大きさが反映されます。天文学者達はカロンに古くからあるバルカン平原という平原を詳細に調査しました。表面が氷に覆われていてクレーターを簡単に数えられるため、このエリアが選ばれました。そして、幅 8 マイル未満のクレーターがないことがわかっています。

この小さなクレーターがないという特徴は、直径 1 マイル未満の衝突物がないことを意味します。このことから研究チームは、小さなクレーターは初めからなかったと考えています。これまで、天文学者達はカイパーベルトを火星と木製の間の小惑星帯と比較していました。新たな観測結果により、カイパーベルトは活動が少ないことが判明しました。衝突頻度が少ないため、小惑星帯のような小さな天体が形成されにくいのです。

テキストクレジット:
画像クレジット:NASA/JHUAPL/LORRI/SwRI

Star Walk 2

Star Walk 2 ロゴ
App Storeでダウンロード

Star Walk 2 Free

Star Walk 2 Free ロゴ
Google Playで入手する