ミール宇宙ステーション35周年

~4 min

1986年2月20日、ソビエト連邦はミール宇宙ステーションのコアモジュールを軌道に投入しました。今日の記事では、この宇宙ステーションの歴史と、宇宙に関する知識への貢献について話します。

ステーションについてビデオを見ることもできます。

ミール宇宙ステーションの建設はいつ始まりましたか?

ミール宇宙ステーションのアイデアは、1970年代後半に登場しました。ソ連は、サリュートという名前の一連の1モジュール軌道ステーションをすでに立ち上げており、長期使用のためのマルチモジュラーステーションの構築を検討し始めました。

建設は1979年に始まりました。合計で280の組織がこの野心的なプロジェクトに取り組みました。1986年、ソ連はコアモジュールの軌道への投入に成功し、その後の10年間で、さらに6つのモジュールが追加されました。コアモジュールは宇宙飛行士の主要な居住区を提供し、他のモジュールは主に科学機器を含んでいました。ミールは7つのモジュールを備え、重量は約130トンで、当時の地球軌道上で最大の人工衛星でした。

ミールは何のために使われましたか?

ミールは主に科学研究のための宇宙実験室として使用されました。乗組員は、生物学、物理学、天文学、および気象学で約23000回の実験と研究を実施しました。主な目標は、宇宙での生活に必要な技術を開発することでした。ミールで行われた実験の注目すべき例は、宇宙空間で種子から種子へと成長した小麦の最初の作物を育てることです。

ミールの乗組員はまた、宇宙での最長のシングル滞在の記録を打ち立てました。ロシアの宇宙飛行士ヴァレリー・ポリアコフは、ミールに437日、17時間、38分の滞在でした。NASAの宇宙飛行士シャノン・ルシッドは、軌道上で188日、4時間、00分を過ごし、女性の記録を樹立しました。宇宙飛行士の経験は大きな科学的価値があり、長期の有人宇宙飛行の生物医学研究に大きく貢献しました。

ステーションは国際協力の場としても利用されました。ミールはその生涯にわたって、米国、フランス、ドイツ、日本を含む12か国から125人の宇宙飛行士を受け入れました。1995年、シャトルミールと呼ばれる共同宇宙計画の間に、アメリカのシャトルアトランティスが初めてミールステーションにドッキングしました。これは、1975年のアポロ・ソユーズテストプロジェクト以来、ロシアの宇宙船とドッキングする最初の米国の宇宙船になりました。

ミール宇宙ステーションはどうなりましたか?

残念ながら、ミールの歴史は業績と世界記録だけではありませんでした。ステーションは、火災やプログレス補給船との衝突など、乗組員の安全を脅かす複数の事故に耐えました。

また、2001年までに、ステーションのシステムは比較的劣悪な状態にあり、いつでも故障する可能性がありました。当初、ミールの寿命はわずか5年であると想定されていたため、驚くことではありません。しかし、ステーションは15年間使用され、設計および建設された国よりも長持ちしました。

そのため、多くの危険な事故と技術的および財政的理由により、ミールは2001年3月に軌道離脱しました。ステーションの部品のほとんどは地球の大気中で燃えました。未燃の破片は南太平洋の「宇宙船の墓地」に落ちました。

ミールはもはや機能していませんが、世界の宇宙科学の進歩に大きく貢献しました。ステーションのモジュラー設計は、そのすぐ後継であるISSの技術的基盤を形成しました。ISSの標準である異文化コラボレーションもミールステーションで始まりました。

ミール宇宙ステーションについてもっと知りたいと、Solar Walk 2アプリをダウンロードします。このアプリは太陽系のインタラクティブモデルと、有名な宇宙ミッションに関する情報が含まれています。アプリを起動し、拡大鏡アイコンをタップして、検索フィールドに「ミール」と入力します。ステーションのリアルな3Dモデルが表示され、ステーションに関するより歴史的な事実にアクセスできます。ちなみに、2月20日と21日にのみ、Solar Walk 2の有料版と、そのすべてのコンテンツへの生涯アクセスを最大70%オフで入手できます。チャンスをお見逃しなく!

この記事を読んでくれてありがとうございます。気に入ったら友達とシェアしてください!

テキストクレジット:
画像クレジット:Vito Technology
Solar Walk 2 ロゴ

Solar Walk 2

App Storeでダウンロード
Google Playで入手する