冬のダイヤモンドの中の月を見る

~4 min
The Moon inside the Winter Hexagon

1月24日から26日までの夜、明るい月は北半球で最も有名なアステリズムの1つである冬のダイヤモンドの中にとどまります。今日の記事では、冬のダイヤモンドと空にそれを見つける方法について詳しく説明します。そして、星座とアステリズムの違いについても説明します。

冬のダイヤモンド(冬の大六角)とは何でしょうか?

冬のダイヤモンドあるいは冬の大六角が、主として北半球の天球上にあるアステリズム(よく知られている星のグループ)です。このアステリズムは、北半球で冬の間に最もよく見えます。その形はダイヤモンド形も六角形も連想させます。ですから、このアステリズムそう呼ばれます。

このアステリズムは、6つ星座からの7つの明るい星で構成されています。

  • オリオン座リゲル、
  • おうし座アルデバラン、
  • ぎょしゃ座カペラ、
  • こいぬ座プロキオン、
  • ふたご座ポルックスとカストル、
  • おおいぬ座シリウス。

アステリズムのセンターにあるもう1つの星は、オリオン座のベテルギウスです。アステリズムは、六角形の最南端の星であるシリウスから最北端の星であるカペラまで、空の約3分の1の広い部分をカバーしています。

冬の大六角は主に北半球の天球にあり、12月から3月まで空を飾ります。真夜中頃に最もよく見えます。南半球では、2月下旬と3月上旬の夕方に見られます。南半球ではアステリズムが現地時間の23時頃に空の最高点に達します。それは南の緯度で夏の大六角形と呼ばれて、南の明るい星カノープスで拡張することができます。

冬のダイヤモンドの中の月

明るい月は、1月24、25、26日に、冬のダイヤモンドの星の中にあります。私たちの衛星は80%以上照らされますが、冬の大六角のすべての星は一等星なので、月明かりにもかかわらず、まだ見ることができるはずです。

1月に月は明るい冬の大六角を今年の初回に横切りますが、先回ではありません。次回、月は冬の大六角を2月と3月に横切り、2021年の終わりに、私たちの衛星がアステリズムの内部に戻ってきます。月と星の動きにより、月は毎月少し早く冬の大六角に出会うでしょう。

冬のダイヤモンドを空に見つける方法

星空ガイドStar Walk 2を参照して、明るい星のグループを見つけられます。検索を簡単にするには、星座の外観を変更します。アプリの設定の「星座」セクションで、左側の星座を選択します。これにより、代替の星座画像が探索の邪魔になりません。設定で視覚等級を下げることもできます。したがって、最も明るい星だけが画面に表示され、アプリの空の画像はリアルな空のように見えます。

冬の大三角の見つけ方

1月24〜26日、月から右下を見ると、もう1つの奇妙な星のグループである冬の大三角が見つかります。冬の大三角は冬の大六角の中の小さなアステリズムです。それは3つの著名な星によって形成されています。

  • おおいぬ座シリウス、
  • こいぬ座プロキオン、
  • オリオン座ベテルギウス(冬の大三角のセンター)。

星座とアステリズムの違いは何ですか?

星座アステリズムはどちらも星のグループです。1928年に国際天文学連合によって作成された一覧によると、88星座があります。以前の星座やその他の星のグループはアステリズムと見なされます。ほとんどの星座はとても古いです。一方、アステリズムは比較的新しいものです。冬の大六角のように、さまざまな星座の星を含めることも、1つの星座の一部にすることもできます。最も有名なアステリズムは、おおぐま座の星座の中にある北斗七星です。

上空に見えるイメージは、主にあなたの想像力に依存します。私たちは、これらのイメージで構成されている星を簡単に見つけられるようにするだけです。冬のダイヤモンドの輝かしい星を見つけることができたら、ソーシャルメディアでと共有してください。

澄み渡る夜空の下で楽しく天体観測をしてください!

テキストクレジット:
画像クレジット:Vito Technology
Star Walk 2 ロゴ

Star Walk 2

App Storeでダウンロード
Google Playで入手する