しぶんぎ座流星群。2021年の三大流星群の一つを見よう!

~4 min
Quadrantids by Lamberto Sassoli

2021年へようこそ!その年の天文暦を計画もできましたか?まだの場合は、2021年の最も面白い宇宙関連のイベントについて最近の記事が役に立つになります。そして、今年の最初の天体観測イベントは壮観なしぶんぎ座流星群です!それは2021年に壮観なショーになりますか?調べるために読みに続きます。

しぶんぎ座流星群とは?

よく知られていないしぶんぎ座流星群は、実際には地球上の3つの主な流星群の1つ流星群です。皆さんがおそらく知っている他の2つです。それはペルセウス座流星群とふたご座流星群です。比較すると、ペルセウス座流星群から流星の出現数は1時間に100個で、しぶんぎ座流星群のが120個です。では、なぜ他の2つが人気があり、しぶんぎ座流星群はそうではないのでしょうか?

しぶんぎ座流星群の活動期間は2020年12月27日から2021年1月10日まで続き、極大は1月3日です。そのため、流星群がよく観測される北半球では、天候が寒いです。外で流れ星を観測ためにそんなに良くないです。南半球では、夜の時、放射点の最大高度が地平線より20度下にあるため、しぶんぎ座流星群は単純に見づらいです。

この流星も、ペルセウス座流星群やふたご座流星群より微かです。そのため、流星の出現数が高いにもかかわらず、しぶんぎ座流星群はそれほど印象的ではありません。

しぶんぎ座流星群はいつ?

流星群には極大があります。流星群は、地球の軌道がダストトレイルの中が出入りするから起こります。しぶんぎ座流星群が出られるダストトレイルは密度が高いが狭いため、極大は短く、約6時間です。IMOによると、2021年に極大は1月3日、日本時間の23時51分に予想されます。極大の全体を体験する正確な時間の前後3時間に流星を探します。

しぶんぎ座流星群はどこで見られますか?

しぶんぎ座流星群は北半球から最もよく観測できます。南半球の観測者は、しぶんぎ座流星群の放射点の位置のため、おそらく少数の流星しか見ることができません。

極大について予測が正確である場合、北アメリカ西部は1月3日の夜明け前の時間帯に素晴らしい視聴機会があります。1月3日の二十日月は、確かにたくさんの流星を隠します。しかし、この流星群は明るい火の玉を生み出すことができ、それでも空でエキサイティングなショーを提供する可能性があります。

しぶんぎ座流星群の母天体は何ですか?

しぶんぎ座流星群の母天体は不明です。2003年、天文学者のピーター・ジェニスケンスは、この流星群の母体は小惑星2003EH1であるという結論に達しました。一方、小惑星2003EH1は、500年前に中国、日本、韓国の天文学者によって観測されたC/1490Y1彗星と同じ物体である可能性があります。小惑星が実際にしぶんぎ座流星群の親体である場合、この流れはふたご座流星と並んで2番目に大きな流れであり、岩体から来ますが、氷の彗星ではありません。

しぶんぎ座流星群の星座

流星群の名前は、放射点が配置された星座にちなんで付けられています。しかし、しぶんぎ座流星群は、うしかい座にあるため、例外のようです。では、この名前はどこから来たのですか?

この1月の主要な流星群は、しぶんぎ座と呼ばれる現在は使用されていない星座にちなんで名付けられました。これは、1795年にフランスの天文学者ジェローム・ラランドによって作成された星座でした。他のいくつかの星座とともに、しぶんぎ座は1922年に現代の星座のリストから削除されました。しぶんぎ座のほとんどはうしかい座になりましたが、しぶんぎ座流星群はその名前を維持しました。おそらく、1月中にうしかい座から弱い流星群が出ているためです。

これは2021年の星空観測について最初のおすすめでした。この情報を楽しんでいただけたでしょうか。もしそうなら、それをソーシャルメディアで共有し、フィードバックを私たちに送ることを忘れないでください!

観測をお楽しみください!

テキストクレジット:
画像クレジット:Lamberto Sassoli
Star Walk 2 ロゴ

Star Walk 2

App Storeでダウンロード
Google Playで入手する