大接近:木星と土星は1623年以来最も近くように見えます

~3 min
Jupiter and Saturn over blue mountains

2020年の終わりには、木星と土星が1623年以来最も近くに見えます。この記事には、このユニークなイベントについて知っておくべきすべてのことです。

木星と土星は本当に近づきますか?

宇宙距離の観点にはいいえです。土星は、たまたま12月の至点の日でもある、大接近の日に、木星の約2倍の距離になります。

地球の観測者のためにはいです。これは21世紀前半に、木星と土星の最も近い接近です。12月には、2つの惑星の離角は約6分(約0.1度)で、「二重惑星」のように見えます。

2020年の大接近とは何ですか?

地球から見ると、2つのガス巨大が20年ごとに接近しているように見えます。この現象は「大接近」と呼ばれます。しかし、今年は木星と土星の間の視距離が過去400年間で最小になります。

以前は、このような近い大接近は、最初の望遠鏡が発明されてからわずか14年後の1623年7月16日に起こりました。当時、ガス巨大は太陽に非常に近く(東13度)、多くの人にほとんど観測されていませんでした。同様の観測可能な大接近が最後に発生したのは1226年3月4日でした。

この大接近はいつ、どのように見られますか?

2020年の大接近は、日本時間の12月21日22時22分に開催されます。その時、惑星は山羊座の星座にはあります。明るい木星は-2.0等級で輝いていて、かなり暗い土星は0.6等級であります。

2つのガス巨大の分離が狭くなっていることを気付くことができるかどうか、観測を今開始して方がいいです。12月21日以降も、それらは互いにかなり接近したままで、約1度距離で2020年を終了します。

肉眼で見ると、惑星が一つに輝いているように見えます。双眼鏡を使用して、同じ視野で別々に表示します。惑星とおそらく木星の衛星の適切なビューを取得するには、200mmの天体望遠鏡が必要です。天候が良くない場合や、明るい街の明かりが観測の妨げになる場合でも、心配する必要はありません。この注目すべきイベントをお見逃しなくStar Walk 2をご利用ください。通知を設定し、アプリで惑星を検索し、ARモードをアクティブにして、画面にリアルタイムの空を表示します。

次の大接近はいつですか?

2020年以降の次の大接近は、2040年と2060年に発生します。ただし、これらのイベントでの木星と土星の間の最小の視覚的分離は1.1度で、2020年のより11倍になります。

1600年から2599年までの1000年以上にわたって、木星と土星の最小間隔が0.2度未満である大接近は、1623、1683、2020、2080、2417、2477年の6つだけです。

最も注目に値する天文現象についての通知を受け取るために私たちをフォローしてください!澄み渡る空の下で、楽しく天体観測をしてください。

テキストクレジット:
画像クレジット:Vito Technology
Star Walk 2 ロゴ

Star Walk 2

App Storeでダウンロード
Google Playで入手する