冬至:2020年の最短日と最長日

~4 min
The December Solstice 2020

冬至が近づいており、新しいシーズンの始まりを示し、北半球では2020年の一番短い日を、南半球では一番長い日をもたらします。今日の記事では、12月の至点について知っておく必要なことと、この天文イベントに関するいくつかの興味深い事実について説明します。

至点とは何ですか?

至点は、太陽がその年の赤道から最北端または最南端に到達したときに起こります。これは、地球の軸の傾きと、太陽の周りの軌道での惑星の動きによって引き起こされます。至点を意味する英語の solstice はラテン語の solstitium という語に由来します。これは、ラテン語の「sol」(太陽)と「sistere」(静止する)を語源し、意味は「sun-stopping」(太陽を止まる)です。至点では太陽の赤緯の増減が止まり、最大または最小の値に達します。

毎年、夏至と冬至の2つの至点が発生します。それぞれ6月21日と12月21日頃に開催されますが、決まった日付はありません。伝統的に、至点(および分点)は新しい天文学の季節の始まりを示します。

冬至

冬至の時、北半球では太陽が空に最低い位置に到達し、南半球で空に最高い位置に到達します。また、私たちの惑星の北部にいる人々にとって、12月の至点は一番短い日(最短の日光の期間)と一番長い夜をもたらします。冬至の後、日は長くなり、夜は短くなります。対照的に、一年で最も長い日と最も短い夜は、南半球の至点に来ます。

12月の至点は、この日に太陽が南半球の南回帰線の真上に来るため、南至点(southern solstice)と呼ばれます。これは、太陽の最南端の地点です。

2020年、冬至は12月21日の日本時間18時47分に発生します。北半球と南半球の両方からの観測者は、その年の最南端の日の出と最南端の日没を見ることができます。北半球では、12月の至点は冬至であり、世界のこの地域で天文学的な冬の始まりを示します。南半球にとって、これは夏至です。

冬至には木星と土星が大接近

今年の冬至は、木星と土星の大接近と一致します。この壮観な天文イベントも12月21日に行われます。ガス巨人たちは、夜空にほぼ合流して、華麗な星を形成するように見えます。木星と土星の大接近2020は、1623年以来最も近く、1226年以来最も観測可能です!

毎年の冬至についての興味深い事実

  • 冬至は、12月20〜23日に発生する可能性があります。しかし、至点が12月20日または23日に落ちることはめったにありません。12月23日に行われた最後の至点は1903年に発生し、次の至点は2303年に発生します。
  • 今、北半球には冬ですが、この時期、地球は実際には太陽に最も近いです。私たちの惑星は、冬至からわずか数週間後に、その軌道上で太陽に最も近い点に到達します。
  • この日、南北極から観測者は、24時間の日光があります。一方、北極圏にいる人々は、24時間の暗闇があります。
  • 12月の至点の前後には、さまざまな文化の人々によって多くの祝祭日が祝われます。12月の冬至の時期に、スカンジナビアでユールとして知られる祭りが開催されますが、古代ローマ人はサトゥルナーリア祭を祝い、古代インカ人は太陽神インティを称えました。

楽しくて教育的な分点と至点についてクイズに参加します。これらの2つの天文現象についての知識を確認し、より興味深い事実を学びましょう。正しくなることができる数を見て、あなたの友人と結果を共有します!

至点をお楽しみください!

テキストクレジット:
画像クレジット:Vito Technology
Star Walk 2 ロゴ

Star Walk 2

App Storeでダウンロード
Google Playで入手する