Starlink(スターリンク)衛星を見る方法は?

~21 min
Starlink(スターリンク)衛星を見る方法は?

スターリンク(Starlink)衛星について学び、SatelliteTrackerアプリとStar Walk 2アプリを使用して現在地から衛星を追跡する方法を学びます。

目次

スターリンクとは?

スターリンクについて聞いたことがない方のために、簡単にご説明します。スターリンクは、地球の最も遠隔地でも高速インターネットサービスを提供することを目的とした巨大な衛星システムです。これは、2015年からイーロン・マスクの会社であるSpaceXによって開発・構築されています。

衛星はバッチで軌道に打ち上げられます。今日の時点で、13団が宇宙に送られ、現在775基の太陽電池式衛星が地球を周回しています。最終的に、SpaceXは大規模な12,000基の衛星コンステレーションを構築することを計画しており、後でその数を42,000基に拡張する可能性があります。

以前のスターリンクミッションについては、アプリ内の記事で読むことができます。

こんなにたくさんの衛星を打ち上げても大丈夫ですか?

スターリンクの衛星が引き起こす可能性のある潜在的な問題については議論されてきました。地球の軌道にはすでに約5,000基の衛星があります。SpaceXの計画が成功すれば、空は光を反射する人工物でいっぱいになります。これによって空の画像が衛星の光で汚染され、天文学者たちの仕事を妨げる可能性があるのです。もう1つの問題は、とても多くの物体が互いに衝突してスペースデブリになる可能性があることです。

1番目の懸念に応えて、SpaceXは表面が暗くなった2つのプロトタイプ衛星であるDarkSatとVisorSatをすでにテストしました。現在、スターリンク-8 ミッション以降の衛星はすべて反射防止表面を備えています。2番目の問題については、衛星が故障した場合、5年以内に軌道を外れるように設計されているとイーロン・マスクは述べました。

空でスターリンクを見つける方法は?

スターリンク衛星は壮観な光景で、夜空を走る輝かしい列車のように見えます。どこでいつ見えるかがわかれば、肉眼で簡単に見ることができます。

Satellite Tracker

Satellite Trackerアプリを使用して、スターリンクを探すことをお勧めします。

  • アプリを起動したら、画面右上の衛星アイコンをタップし、「すべて」をタップします。
  • 「SpaceXのスターリンク」セクションを見つけて、興味のあるミッションを選択します(「L」の後の数字は打ち上げの番号です)。
  • 1つまたは複数の衛星の横にある「追跡」ボタンをタップして、それらを追跡リストに追加します。このリストの衛星は、上空に出現する順序で並べ替えられていることにご注意ください。
  • 興味のある衛星の1つをタップして選択し、メイン画面に戻ります。

メイン画面の上部にある「次の通過」タイマーは、選択した衛星が現在地を通過するまでの残り時間をカウントします。下矢印をタップして、近い将来に発生する予定の現在地から見える通過のリストを開きます。このリストを使用して観察時間を計画してください。すべての通過のリストを表示するには、「すべての通過」をタップします。

アプリのメイン画面には、下部にある丸いアイコンをタップして切り替えることができる3つのモードがあります。

  • グローブビュー:地球の3Dモデルの周囲と地球の地図上での衛星の軌道を確認できます。
  • 衛星ビュー:地球上の現在の位置にある衛星の3Dモデルを示しています。
  • スカイビュー:矢印ポインターをたどることで、衛星が空のどこにあるかを確認できます。

Star Walk 2アプリ

上空にスターリンク衛星を見つけるもう1つの方法は、Star Walk 2アプリを使用することです。

  • アプリを開く、拡大鏡アイコンをタップして、画面の右下隅にある衛星アイコンをタップします。
  • 「主な衛星」リストの上部には、最新の打ち上がれたスターリンクがあります。
  • 後、「スペースXのスターリンク」セクションまで下にスクロールして、追跡したいミッションを選択します。
  • 興味のある衛星をタップすると、Star Walk 2がその位置と軌道に関する正確な情報を提供します。

スターリンク(Starlink)を追跡する他の方法

このWebサイトは、スターリンク衛星を表示するのにも役立ちます。

  • Heavens-AboveのWebサイトでは、衛星専用の特別セクションでスターリンクの通過に関する予測を取得できます。興味のあるミッションを選択し、日付を設定して、次の衛星の通過に関する情報を入手してください。または、「Satellite Database」セクションからスターリンク衛星を探します。
  • N2YO.comのWebサイトで、検索フィールドにスターリンク衛星の名前を入力すると、Webサイトに衛星の位置と軌道が表示されます。さらに、関心のある衛星を追跡し、10日間の予測を取得し、それらに関する完全な情報を取得するのに役立ちます。
  • CelesTrakのWebサイトを使用して衛星を追跡するには、「Launch orbit visualization」のボタンで軌道の視覚化を起動します。メイン画面の左上隅にあるメニューアイコンをタップして、「Satellite Сatalog」セクションを選択し、画面下部に表示される検索フィールドの衛星名をタイプします。対応する検索結果を選択すると、衛星の軌道と衛星に関する主な情報が表示されます。

澄み渡る空の下で、楽しく天体観測をしてください!

スターリンク(Starlink)の打ち上げ

世界最大の衛星コンステレーションの展開を追跡します!最新情報を監視し、現在軌道上にあるスターリンク衛星の数をすばやく確認し、最近の打ち上げの詳細を確認します。

2021年9月14日更新: スターリンク-29 ミッション

2021年9月14日グリニッジ標準時03:55(日本時間12:55)に、カリフォルニアのヴァンデンバーグ空軍基地にあるSpace Launch Complex 4(SLC-4)から、SpaceXのファルコン9ロケットにより、最初の専用ミッションでスターリンク衛星の30番目のバッチでが打ち上げられました。

2021年5月26日の最新の打ち上げで、軌道傾斜角53度で周回する最初のスターリンク「シェル」が完成しました。将来のスターリンクの打ち上げは、インターネット衛星をより高い傾斜軌道に届けるでしょう。このミッションは、7傾斜角70度にある720個の衛星で構成される3番目のスターリンクシェルの最初の打ち上げを記念します。

インターネット衛星の2番目の「シェル」は、53度のシェルからわずかに角度がずれた53.2度の1,584個の衛星で構成されます。この更新された軌道構成により、カバレッジエリアが拡大し、スターリンク衛星の帯域幅が増加します。SpaceXは、傾斜角97.6度の傾斜で348個の衛星で構成される4番目のシェルと一緒にこのシェルを埋めます。

2021年5月27日更新: スターリンク-28 ミッション

2021年5月27日、日本時間03:59 に、SpaceXはスターリンクプロジェクトのために約60基のインターネット衛星の29番目のバッチを打ち上げました。このミッションは、打ち上げられたスターリンク衛星の総数を1,745基に増やしました。

今月初め、GoogleとSpaceXは、スターリンク衛星を介したインターネットサービスの提供を支援するパートナーシップを発表しました。この契約に基づき、イーロンマスクの会社は、Google Cloud(グーグル クラウド)を介して高速インターネットサービスを提供するために、Googleのデータセンターにスターリンクの地上局の設置を開始します。このサービスは、2021年の後半に企業が利用できるようになると言われています。

2021年5月15日更新:スターリンク-26 ミッション

5月16日、日本時間7時58分に、SpaceXはスターリンク衛星の28番目のバッチを打ち上げました。Falcon9ロケットが、フロリダのケネディ宇宙センターにあるローンチコンプレックス39Aから打ち上げられました。このミッションにより、打ち上げられたスターリンク衛星の総数は1,685基に拡大されました。

現在極軌道に打ち上げられているスターリンク衛星は、レーザー通信システムを備えています。このシステムにより、衛星は同じ軌道面でレーザーを介してある衛星から別の衛星に情報を転送できます。レーザー通信は、妨害される可能性のある無線周波数(Radio Frequency、RF)端末よりも安全です。スターリンクのミッション名に「RF」の略語が含まれている場合は、衛星に衛星レーザー通信リンクが装備されていないことを示しています。例えば、StarlinkRFミッション4-2としても知られている5月9日に開始されたStarlink-27ミッションです。

2021年5月9日更新:スターリンク-27 ミッション

5月9日、日本時間15時42分に、SpaceXはスターリンク衛星の27番目のバッチを打ち上げました。60基の衛星を搭載したFalcon9ロケットが、米国フロリダ州のSpace Launch Complex40から打ち上げられました。現在、地球の軌道には1,625基のスターリンク衛星があります。

本日の打ち上げは、Falcon9の再利用できるB1051のブースターでの10回目の飛行となりました。第一段階のブースターの製造は単一ロケットの打ち上げ価格の約60%を下がるため、SpaceXは打ち上げコストを削減するために再利用できるブースターを開発しました。おそらく、今日の記録的な飛行の後、B1051は最終的に分解修理が行われます。

2021年5月4日更新:スターリンク-25 ミッション

5月5日、日本時間4時01分に、SpaceXのスターリンクネットワーク用の約60基の衛星の26番目のバッチが、米国フロリダ州のケネディ宇宙センター発射複合施設39Aから軌道上に打ち上げられました。現在、地上軌道にあるスターリンク衛星の総数は1565基です。

2021年4月27日、連邦通信委員会(アメリカのFCC)は、スターリンクに対するSpaceXのライセンスの変更を承認する命令と承認を発表しました。現在、同社は、以前に1100〜1300kmの範囲の軌道で承認された2800基を超える追加の衛星を、540〜570kmのより低い軌道に移動することが許可されています。現在、SpaceXは運用中の衛星に同じ軌道範囲を使用しています。

この変更は連邦通信委員会で議論の対象となりました。多くの衛星オペレーターは、電磁干渉、衛星衝突、スペースデブリの発生のリスクが高いなど、さまざまな理由でこれに反対しました。連邦通信委員会はこれらの主張を拒否し、SpaceXの低高度運用は軌道デブリの減少をもたらし、大きな干渉問題を引き起こさないと結論付けました。

2021年4月29日更新:スターリンク-24 ミッション

4月29日、日本時間12時44分に、さらに60個のスターリンク衛星の25番目のバッチが軌道に打ち上げられました。このミッションにより、打ち上げられたスターリンク衛星の総数は1,505基に増加しました。

スターリンク衛星はコンパクトとフラットのデザインがあるので、最大60基の衛星をFalcon-9ロケットに収めることができます。サイズが小さいにもかかわらず、各スターリンク衛星にはハイテク通信とコスト削減技術が満載されています。スターリンク衛星には、自律衝突回避システムも装備されています。このシステムは、米国国防総省のデブリ追跡データベースを使用して、他の宇宙船やスペースデブリとの衝突を自律的に回避します。

2021年4月8日更新:スターリンク-23 ミッション

4月8日、日本時間1時34分に、SpaceXはスターリンク衛星の24番目のバッチを軌道に送りました。60基の衛星を持ってるFalcon-9ロケットが、米国フロリダ州のSpace Launch Complex40から打ち上げられました。

その間、他の会社も衛星インターネット市場に参入しています。米国では、SpaceXの主な競争相手はAmazonであり、ProjectKuiperがあります。アマゾンのCEO、ジェフ・ベゾス(Jeff Bezos)は、彼の衛星はイーロンマスクの衛星と同じくらい効率的に機能しますが、アンテナが小さくて安価なため、値段が低くなると主張しています。独自の衛星のシステムを構築している別の会社は、英国を拠点とするOneWebです。すでに146基の衛星を低軌道に打ち上げており、今後数千個の衛星を打ち上げる予定です。

多くの人々が、地球の軌道にあるこのような多数の衛星について懸念を表明し続けています。衝突のリスクは依然として最大の問題です。このような状況では、政府当局は衛星運用者のための新しい国際法や規制について考え始める必要があるかもしれません。

2021年3月23日更新:スターリンク-22 ミッション

3月23日、日本時間13時28分に、スターリンクネットワーク用の約60基の衛星の23番目の衛星群が打ち上げられました。現在、地球の軌道にあるスターリンク衛星の総数は1,385基です。

Starlinkのサービスは、現在、米国北西部、カナダと英国の一部、およびその他の一部の地域でのみ利用できますが、より多くのインターネット衛星がグループに参加するにつれて、カバレッジマップは拡大し続けます。Starlinkは、非常に低い遅延で超高速のグローバルインターネットカバレッジを提供することを目的としています。これは、地方や遠隔地でも利用できます。SpaceXのインターネット衛星は、地球のほとんどにインターネットを提供するために、軌道上に少なくとも10,000個の衛星を必要とする可能性があります。

2021年3月14日更新:スターリンク-21 ミッション

3月14日、日本時間19時01分に、SpaceXはFalcon 9ロケットでStarlinkインターネット60基の衛星の22番目の衛星群を打ち上げました。Starlink-21は、打ち上げられたStarlink衛星の総数を1,325基に増やしました。

スターリンク衛星ネットワークの最初の段階は、5つのステージで構成されています。最初のステージには、53.0°の軌道傾斜角含がある高度550kmの1,584基の衛星が含まれます。これはSpaceXが現在に形成されているステージであり、2021年6月までに完成する予定です。完成すると、最初のステージは、地球の表面の約80%のインターネットカバレッジを提供します。

3月11日午前8時13分(GMT)に、SpaceXはStarlinkインターネット衛星の21番目の衛星群を打ち上げました。衛星を搭載したFalcon-9のロケットは、米国フロリダ州のSpace Launch Complex 40から打ち上げられました。

SpaceXのCEOであるイーロン・マスクは、Starlinkのインターネット速度は2021年に2倍になると述べました。Starlinkのグローバルベータテストに参加している同社の顧客は、インターネット速度は毎秒最大130メガビットであると主張しています。マスクは「速度は2倍の毎秒約300Mbになり、遅延は今年後半に約20msに低下します」と述べています。このようなインターネットの速度は今までにも実現されているものながら、多くの人が現在アクセスできる速度よりも高速です。

2021年3月4日更新:スターリンク-17 ミッション

3月4日、8時24分(GMT)に、SpaceXはスターリンクインターネット衛星の20番目のバッチを打ち上げました。スターリンク-17の発売は、悪天候のために数回延期されたため、スターリンク-19よりも遅れて発売されました。現在、打ち上げられたスターリンク衛星の総数は1,205基です。

約3か月前、SpaceXは衛星ベースのインターネットサービスであるスターリンクのベータテストを開始し、10,000人以上の顧客がすでにそれを使用しています。現在、同社は潜在的な顧客に予約注文を公開することにより、ベータの拡大に向けた措置を講じています。お住まいの地域に応じて、事前注文メッセージには、SpaceXが2021年半ばから後半または2022年にあなたの地域のカバレッジをターゲットにしていることが記載されています。

2021年2月16日更新:スターリンク-19 ミッション

2月16日、日本時間12時59分に、スターリンクインターネット衛星の19番目のバッチが打ち上げました。現在、地球の軌道には1,145個のスターリンク衛星があります。

スターリンクのネットワークへのアクセスはまだ制限されていますが、より幅広いアクセスが約3か月以内に開始される予定です。スターリンクのインターネットネットワークは現在、44度から52度の間のより高い緯度のみをカバーしています。ただし、SpaceXは、グローバルなカバレッジのために合計24回の打ち上げしか必要としません。SpaceXの現在の生産と発売率を考慮すると、スターリンクは2021年半ばまでに、北極と南極を除く、グローバルにカバーされる予定です。

完成したスターリンクのプロジェクトは、年間300〜500億ドルの利益が見込まれています。この利益は、主にSpaceXの他のプロジェクトに資金を提供します。それはStarshipMars Base Alphaです。

2021年2月4日更新:スターリンク-18 ミッション

2月4日、日本時間15時19分に、SpaceXはスターリンクのネットワーク用に60基の衛星の18番目のバッチを打ち上げました。現在、軌道上にスターリンク衛星の総数は1,083基に相当します。

以前、1月24日に、SpaceXはTransporter-1のミッションの一環として143機の宇宙船も打ち上げました。SpaceXによると、Transporterのようなミッションは、「信頼性が高く、手頃な価格で軌道に乗ることを求める衛星の小企業のために、宇宙へのアクセスを増やす」ことを提供します。この飛行には133基の民間および政府の宇宙船と、10基のスターリンク衛星がありました。このミッションで、SpaceXは単一のロケットで打ち上げられたほとんどの衛星の世界記録を破りました。

2021年1月20日更新:スターリンク-16 ミッション

1月20日、日本時間22時02分に、スターリンク衛星の17番目のバッチが地球の軌道に打ち上げられました。衛星を搭載したファルコン9ロケットは、フロリダのケネディ宇宙センターにあるローンチコンプレックス39Aから打ち上げられました。このミッションにより、打ち上げられたスターリンク衛星の総数は1,013ユニットに拡大されました。

その間、スターリンクインターネットサービスはますます多くの人々に利用可能になりつつあります。スターリンクは、米国北部とカナダにすでに存在しているほか、最近英国で承認されました。「Better Than Nothing Beta」(何もないよりも優れているベータ)と呼ばれるSpaceXの公開ベータテストにサインアップした英国の人々は、衛星に接続するためのルーターと端末であるStarlinkキットの受け取りを開始しました。イーロン・マスクは電子メールで、ベータテスト中にユーザーは50〜150Mbpsのインターネット速度を期待する必要があると述べました。

2020年11月25日アップデイト:スターリンク-15 ミッション

11月25日、日本時間の11時13分に、SpaceXはスターリンクインターネットの衛星の16番目のグループを打ち上げました。この飛行により、SpaceXは2つの主要な目的を達成しました。それは2010年以来100回目のFalcon 9ロケットの打ち上げと、ファルコン9のブースターB1049の7回目の打ち上げになりました。ブースターの7回目の飛行は、SpaceXのロケット再利用プログラムの新記録を打ち立てました。ドローン船への着陸に成功した後、B1049はポートカナベラルに戻され、次の飛行で再び使用されます。

2020年10月24日アップデイト:スターリンク-14 ミッション

10月24日、グリニッジ標準15時31分に、SpaceXはさらに60基のスターリンクを地球の軌道に打ち上げました。新しいスターリンクを持っているファルコン9ロケットはフロリダにあるケープカナベラル空軍基地からスタートしました。この15回の打ち上げと一緒に、SpaceXは約900基のグローバルネットワークのスターリンク衛星を打ち上げました。最終的に、このネットワークは全世界中に早くて安いインターネットを提供します。会社はその目的を達成するために、毎月少なくとも120基の新しい衛星を打ち上げる予定です。

しかし、一部の科学者は、この野心的なプロジェクトについて疑問や懸念を表明しています。天文学者のジョナサン・マクダウェルによれば、打ち上げられたすべてのスターリンク衛星の約3%は、軌道上で操縦しなくなったため、今では故障している可能性があります。普通、これは大丈夫ですが、このような大きな衛星のネットワークの場合、スペースデブリが発生し、他の衛星や宇宙飛行士を危険にさらす可能性があります。

2020年10月19日アップデイト:スターリンク-13 ミッション

SpaceXは10月18日の日本時間午前9時15分に、さらに60機のスターリンク衛星を宇宙に打ち上げました。この14回目の打ち上げと一緒に、SpaceXは軌道に835基のスターリンク衛星をあります。これには商用サービスに使用されない衛星のプロトタイプも含まれます。この打ち上げは、SpaceXの70回連続の成功したミッションになりました。

スターリンクネットワークはまだ初期段階にあります。エンジニア達は、必要なデータを集めて、テストを行います。SpaceXは、10月13日付けの連邦通信委員会へ送った書類によると、米国の複数の州でStarlinkネットワークのベータテストを開始しました。そして、会社は前にインターネットがなかった地方の学生にインターネット接続を提供しています。

2020年10月6日アップデイト:スターリンク-12 ミッション

2020年10月6日、東部標準時午前7時29分(またはグリニッジ標準時11時29分)に、60基のスターリンク衛星を搭載したファルコン9ロケットが宇宙に打ち上げられました。衛星は、高さ341マイル(550キロメートル)の軌道上にすでにある数百基の衛星に加わります。以前は、技術的な理由により打ち上げが数回キャンセルされました。

テキストクレジット:
画像クレジット:Vito Technology, Inc.