SpaceXのスターリンク衛星を夜空で見る方法

~4 min
SpaceXのスターリンク衛星を夜空で見る方法

2020年7月9日改訂版: 2020年7月にスターリンク衛星が見られる時期

2020年7月には、素晴らしいスターリンク衛星を夜空で見るチャンスがもう一度あります。天候が良ければ、さらに、人工衛星を打ち上げて軌道に乗せることを目的としたSpaceXによるファルコン9ロケットの10回目の打ち上げが、7月11日に予定されています(15:00 UTC)。SpaceXのメガコンステレーション計画のために、新しいインターネット衛星を載せたファルコン9が米国フロリダ州にあるNASAのケネディ宇宙センターの第39発射施設からこの日に発射されます。夜空で衛星が「列車」のように連なっている様子を見逃さないためにも、最新情報のチェックをお忘れなく。

自分が居る場所からスターリンク衛星を見つける方法

打ち上げられたスターリンク衛星は、弊社の天文アプリStar Walk 2Satellite Tracker by Star Walkを使えば見つけられます。どちらのアプリにもスターリンク衛星の正確な現在位置や起動などの詳細情報があります。Satellite Tracker by Star Walkでは、スターリンク衛星は物体リストに表示されます。Star Walk 2で衛星を検索するにはアプリを開いて検索に移動し、画面の右下隅にある衛星アイコンを選択してください。メインの衛星リストの上部にスターリンク衛星の一群が示されます。

スターリンク衛星の打ち上げは夜空に広がる壮大な景色となるでしょう。この衛星は肉眼で見ることができ、その姿は真珠のネックレス、または夜空をまっすぐ横切っていく明るい光の列のように見えます。当社のアプリを使用して、観察場所から空のスターリンク衛星をすばやく見つけてライトショーをお楽ください。


SpaceXのスターリンク7ミッション

2020年6月3日の東部夏時間(01:25 UTC)午後9:25時に、SpaceXのファルコン9ロケットが約60基の衛星スターリンクを地球軌道に打ち上げました。新しい衛星は、世界中にブロードバンドインターネットを提供するように設計された星座のような姿になります。

ファルコン9は米国フロリダ州のケープカナベラル空軍基地Space Launch Complex 40から打ち上げられました。ミッションは当初2020年5月7日に予定されていましたが、延期されました。

SpaceXのスターリンク8ミッション

天候が良ければ、SpaceXが2020年6月13日に9回目の打ち上げを行い、約60機のブロードバンドインターネット用人工衛星「スターリンク」を地球低軌道に乗せるミッションを試みます。これは「スターリンク8」と呼ばれるミッションで、09:21 UTC(日本時間18:21)頃に米国フロリダ州にあるケープカナベラル空軍基地の第40発射施設からファルコン9ロケットが発射されます。

スターリンクプロジェクトについて

SpaceXによるスターリンクプロジェクトの目標は、地球上のあらゆる場所に高速ブロードバンドインターネットへのアクセスを提供することです。この目標を達成するために、SpaceXは地球軌道に約3万個の衛星を打ち上げることを計画しています。これにより、人口密度が低くてインターネットへのアクセスが困難な地域に住む人々が、最大1秒1ギガビットの速度でインターネットを使用できるようになるとSpaceXの代表者は述べています。イーロン・マスクの究極の計画は42,000基の衛星からなる巨大な星座をもたらすことです。

SpaceXによると、基本的なサービスを提供するには少なくとも360基の衛星が必要であり、適度なサービスには720基の衛星が必要とされています。

2019年5月、SpaceXは最初の60基のスターリンク衛星をファルコン9ロケットの低軌道に打ち上げました。6月13日と26日に予定されているスターリンク衛星の2回の打ち上げが成功すると、軌道上にある衛星の総数はおよそ600機になります。

テキストクレジット:
画像クレジット:Vito Technology

Satellite Tracker

Satellite Tracker ロゴ
App Storeでダウンロード
Google Playで入手する

Star Walk 2

Star Walk 2 ロゴ
App Storeでダウンロード
Google Playで入手する