SpaceXが初運用ミッションを打ち上げ

~4 min
SpaceXが初運用ミッションを打ち上げ

2020年11月16日、日本時間09時27分に、SpaceXは最初の運用ミッションを打ち上げ、宇宙飛行士を再び国際宇宙ステーションに運びます。今日の記事では、このエキサイティングなイベントについて説明し、上空の宇宙船を見る方法を説明します。

ミッションの背後

SpaceX(スペースX)は、2020年5月30日にSpaceXの初めて有人での宇宙飛行のミッションのDemo-2を打ち上げで全世界を驚かせました。その日、イーロン・マスクの会社は、商用宇宙船CrewDragonが国際宇宙ステーションまで人間がいる宇宙船を運ぶことができることを証明しました。それは政府所有の宇宙船のみの特権でした。以前の記事の1つで、このフライトについて話し、Star Walk 2とSatellite Trackerのアプリを使用してCrew Dragonの見方を説明しました。

Demo-2は、テストフェーズの最後のステップである最後のデモンストレーションミッションになりました。Demo-2の成功後、Crew DragonはNASAから定期便の認定を受けました。Crew-1ミッションは、ISSへの船の最初の運用打ち上げになります。つまり、最初の公式の定期飛行であり、さらに多くのことが続きます。

SpaceXの「Crew-1」

ミッションのために作られた宇宙船は「Crew Dragon Resilience」(クルードラゴンレジリエンス)と呼ばれています。再利用可能なロケットファルコン9によって軌道に運ばれます。船には、NASAのShannon Walker(シャノン・ウォーカー)、Victor Glover(ビクター・グローバー)、Mike Hopkins(マイク・ホプキンス)宇宙飛行士の3人と、JAXAの野口聡一宇宙飛行士が搭乗します。

ISSにドッキングした後、4人の宇宙飛行士は約180日間、ステーションで生活し、作業します。2021年6月頃、レジリエンスは地球に戻り、後で別の飛行に再利用されます。

Demo-2とCrew-1の飛行は、特に米国の宇宙計画にとって、そして一般的な人間の宇宙探査にとって大きな一歩です。まず、米国がISSに人を送ることがはるかに簡単になりました。過去9年間、アメリカの宇宙飛行士はロシアのソユーズロケットの座席を購入しなければなりませんでした。第二に、このような商用飛行は宇宙旅行への道を開きます。もちろん、最初は非常に高額になります。SpaceXはすでにCrew Dragonのフライトで座席を提供しています。座席は5500万ドルです。しかし、おそらく10年か2年で技術が安くなり、一般の人々も私たちの美しい惑星を上から見る機会が得られることを誰が知っていますか。

空のCrew Dragon Resilienceを見る方法は?

天候が良ければ、国際宇宙ステーションに接近しているCrew Dragon Resilienceを自分の目で見つけることができます。このために、Star Walk 2またはSatellite Trackerを使用できます。Star Walk 2で、拡大鏡アイコンをタップし、「Crew Dragon」と入力して検索結果をタップすると、上空の正確な位置が表示されます。Satellite Trackerで、サテライトアイコンをタップし、検索フィールドに「Crew Dragon」と入力して、検索結果をタップします。メイン画面には、空での位置と、現在地の上を通過する時刻が表示されます。

楽しく観察をしてください!

テキストクレジット:
画像クレジット:SpaceX

Satellite Tracker

Satellite Tracker ロゴ
App Storeでダウンロード
Google Playで入手する

Star Walk 2

Star Walk 2 ロゴ
App Storeでダウンロード
Google Playで入手する