水星、金星、スピカの近くで輝く月が見えます

~3 min
水星、金星、スピカの近くで輝く月が見えます

11月12日と13日には、三日月が金星と水星の近くで輝き、おとめ座、スピカで最も明るい星になります。この記事を読んで、上空に集まる壮大な天文をいつ、どこで、どのように観察するかを学びましょう。

月と金星の合

2020年11月13日、日本時間6:30に、27日齢の月が輝かしい惑星金星に加わります。地球の唯一の衛星は-10.1の等級で輝き、「朝の星」は-4.0の等級で輝きます。両方の天体はおとめ座の星の間で輝きます。

太陽に次いで2番目と3番目に明るい天体である月と金星は簡単に見つけることができます。日の出前の朝の空の東部でそれらを探して方がいいです。天体は肉眼で見ることができます。双眼鏡を使ってより良い視界を得ることができますが、月と金星は望遠鏡の視野内に収まりません。

月と水星の合

翌日、2020年11月14日、日本時間5:44に、おとめ座を横切って、月は早くて小さい水星の近くを通過します。月は-9.0等級で、水星が-0.7等級になります。北半球の観測者は、水星をより簡単に見ることができます。最小の惑星は、日の出の約1時間前に上昇します。11月10日、水星は太陽からの最大の分離と視程のピークに達しました。惑星はまだ完全に観察できるように配置されているので、その驚くべき出現を楽しめます。

水星と金星は地球の軌道の内側で太陽を周回しているため、これらは内惑星と呼ばれています。内惑星は月の惑星と同様に全範囲の位相を示しますが、それらを観測するには望遠鏡が必要です。現在、水星と金星は、太陽の向こう側にあります。

おとめ座の最も明るい星のスピカ

最近、月、水星、金星の輝かしいトリオの近くで輝いている一等星があります。スピカというおとめ座の中で最も明るい星が、11月12日と13日に美しい天文集会に参加します。スピカを水星と間違えないでください。水星はスピカの約4倍明るいですが、夜明けの光はスピーディーな惑星を凌駕するかもしれません。月を使用してそれらを区別することもできます。月の照らされた側はスピカよりも水星に近いです。

スピカは夜空の15番目に明るい星です。それは輝かしい連星であり、その両方の成分は太陽よりも大きくて熱いです。スピカは地球から約262光年の距離にあります。星の名前は、「乙女座の穀物の穂(小麦)」を意味するラテン語のフレーズに由来しています。ギリシャ神話とローマ神話では、乙女座は収穫の女神であるデメテル(またはセレス)を表しており、スピカは女神が手に持っている小麦の耳に関連付けられていました。

星空ガイドのStar Walk 2を使用すると、月、水星、金星、スピカ、おとめ座の星座を簡単に見つけることができます。検索フィールドに天体の名前を入力して、その眺めを楽しんでください!画面下部の名前をタップして、さらに興味深い事実を学びましょう。

楽しく天体観測をしてください!

テキストクレジット:
画像クレジット:Vito Technology

Star Walk 2

Star Walk 2 ロゴ
App Storeでダウンロード
Google Playで入手する