2022年3月から6月の流星群

~5 min
2022年3月から6月の流星群

2022年3月から6月にかけて、6つの流星群がピークになります。空でそれらを観察するのに最適な時期については、以下をお読みください。

内容

流星を見つけるの準備をしていますか?クイズに答えて流星についての知識を更新します。

流星を見るために一番良い月の満ち欠けは何ですか?最も多くの流星を見るためにどこを見るべきですか?このクイズでは、流星群に関する知識をテストし、最も流星を見る方法に関する役立つヒントを得ることができます。
クイズをスタート!

3月14日:じょうぎ座γ流星群

  • 指定:118 GNO
  • 天頂出現数:6
  • 月の輝面率:89%
  • 期間:2月25日〜3月28日
  • 放射点の星座:じょうぎ座
  • 見える場所:南半球

じょうぎ座γ流星群は、活動期間が不確かな弱い流星流です。通常、2月25日から3月28日まで活動しています。2022年の流星のピーク率は3月14日頃と予想されます。月明かりは、不利な観測条件を引き起こす可能性があります。

4月22日:こと座流星群

  • 指定:006 LYR
  • 天頂出現数:18
  • 月の輝面率:55%
  • 期間:4月14日〜30日
  • 放射点の星座:こと座
  • 見える場所:北半球

こと座流星群は、紀元前687年以来毎年観測され、報告されている、古くから知られている流星群の1つです。2022年のこと座流星群のピークは4月22日です。

こと座流星群の流星は、周期彗星C/1861 G1Thatcherからの破片です。流星の最大数は通常、1時間あたり5から20まで変化しますが、60年に1回流星群が激しくなります。その結果に、4月こと座流星群が爆発し、活動率は1時間あたり最大90流星になります。それは1982年と1922年に見られました。次回は2042年に開催されます。願わくば、このサイトまたはSky Tonightアプリ]を介してイベントの最新情報をお届けします。

4月23日:とも座π流星群

  • 指定:137 PPU
  • 天頂出現数:不定
  • 月の輝面率:41%
  • 期間:4月15日〜28日
  • 放射点の星座:とも座
  • 見える場所:南半球

1972年に発見されたとも座π流星群は、グリッグ・シェレルップ彗星に関連しており、1977年と1982年に顕著な活動を示し、1時間あたり約40個の流星が検出されました。また、1983年には、1時間あたり約13個の流星の活動率が報告されました。2018年と2019年の記録では、低いがまだ検出可能な率が報告されています。

2022年のとも座π流星群の活動についての予測はありません。そのピークは4月23日に予想され、夜の前半は非常に確立された条件を提供します。下弦の月は観測に干渉しません。

5月6日:みずがめ座η流星群

  • 指定:031 ETA
  • 天頂出現数:50
  • 月の輝面率:27%
  • 期間:4月19日〜5月28日
  • 放射点の星座:みずがめ座
  • 見える場所:南半球

みずがめ座η流星群の母天体は、最も有名な彗星の1つであるハレー彗星です。数百年前に彗星によって流された宇宙のデブリの破片は、5月にはみずがめ座η流星群になり、10月にオリオン座流星群になります。

2022年、みずがめ座η流星群は5月6日にピークに達します。熱帯と南半球から夜明け前の数時間に流星を観察するのが最善です。

5月10日:こと座η流星群

  • 指定:145 ELY
  • 天頂出現数:3
  • 月の輝面率:51%
  • 期間:5月3日〜14日
  • 放射点の星座:こと座
  • 見える場所:北半球

こと座η流星群は比較的弱いですが、IRAS・荒貴・オルコック彗星との関係が考えられるため、天文学者にとって興味深いものです。この彗星は1983年に最後に見られ、5,000,000 kmの距離で地球を通過しました。これは、過去200年間に彗星が接近した距離に最も近い距離です。

2022年、こと座η流星群のピークは5月10日に予想されます。北半球からの観測者にとって、放射領域は一晩中見事に見えます。

6月7日:おひつじ座昼間流星群

  • 指定:171 ARI
  • 天頂出現数:30
  • 月の輝面率:83%
  • 期間:5月14日〜6月24日
  • 放射点の星座:おひつじ座
  • 見える場所:南半球

おひつじ座昼間流星群は、その年の最強の昼間の流星群です。流星群の提案された親体には、マックホルツ彗星やP/1999 J6彗星が含まれます。

おひつじ座昼間流星群は、その放射点が太陽の西約30度に位置しているため、観測がかなり困難です。しかし、おひつじ座昼間流星群の流星はまだ夜明けの少し前に見られるかもしれません。2022年、昼間の牡羊座流星群は5月14日に活動を開始し、6月7日にピークに達します。

楽しく天体観測をしてください!

テキストクレジット:
画像クレジット:Vito Technology, Inc.
Trustpilot