【満月いつ】2022年11月満月は「ビーバームーン」

~5 min
【満月いつ】2022年11月満月は「ビーバームーン」

11月の満月はビーバーと何の関係がありますか。なぜ2022年のビーバームーンは特別なイベントなのですか。それを理解しましょう。

内容

2022年11月の満月はいつ

今月の満月は11月8日午後8時02分(11:02 GMT)です。現時点では、月はおひつじ座にあります。技術的には、満月は月が正確に太陽から地球の反対側にあるときに正確に発生しますが、月の円盤はそのときの前後の1日で丸く明るく見えます。

ビーバームーンとは

ビーバームーン(英語:Beaver Moon、海狸月)は、11月の満月のネイティブアメリカの伝統的な名前の1つです。この名前は、特定の月ごとの独特の特徴に基づいて満月に名前を付けていた元々アメリカ先住民に由来します。

ビーバームーンの名前の理由

11月は、ビーバー(海狸)が寒さに備える時期です。ビーバーがダムを作り、越冬のための巣作りでは食料を蓄えます。おそらくそれが、ネイティブアメリカンが、これらの動物の活動を観察して、ビーバーに敬意を表して満月と名付けた理由です。もう1つの考えられる理由は、この月の間、ハンターは伝統的に毛皮を得るためにビーバーの罠を仕掛けたことです。

2023年のビーバームーンはいつ

次のビーバームーンは、2023年11月27日午後6時16分(09:16 GMT)に起こります。すぐには実現しませんが、SNSをフォローし、Star Walk 2Sky Tonightで天文カレンダーをチェックしていただければ、忘れることはありません。

11月満月の他の名前

ネイティブ アメリカンの文化からきたその他の11月の満月の名前は、フロストムーン(霜月)やフリージング・ムーン(凍てつく月)などがあります。北半球で冬至の前の最後の満月である2022年11月の満月をモーニングムーン(英語:Mourning Moon、喪の月)と呼ぶことができます。世界のさまざまな地域で、次のような名前を見つけることができます。

  • 中国人:白い月
  • ケルト人:暗い月
  • ウィッカ人:雪月
  • チェロキー: 取引月
  • 南半球:コーン月、ミルク月、花月、ハレ月

今日の赤月:ブラッドムーンと皆既月食

今度の満月は、皆既月食と一致するため、ブラッドムーン(英語:Blood Moon、血月)とも呼ばれます。理由は、皆既月食の時、月の円盤は赤い色になります。月食は11月8日午後7時59分(10:59 GMT)にピークに達します。月が地平線上にある場合、観測者は皆既月食中に赤い月を見る機会があります。ちなみに、この皆既月食は日本からも見ることができます。月食ガイドを利用して、月食のタイムラインと観察に最適な場所をわかることができます。そして、インフォグラフィックをチェックして、将来発生する最も壮観な日食と月食について学びましょう!

5つの今後の月食と日食、それらの日付、タイムライン、および視程マップのリストです。自分の場所から月食か日食を見るかどうかをチェックできます!
インフォグラフィックを見る

2022年11月満月の近くある天体

  • 11月8日には、ビーバームーンが天王星の近くを通過し、特定の場所からの観測者は月による天王星食を見ることさえあるかもしれません。
  • 11月9日、月の近くでプレアデス星団がちらつくのが見えます。

時間と観察のヒントについては、リンクをたどってください。

次の満月:コールドムーン

12月の満月、またはコールドムーン(英語:Cold Moon、寒い月)は12月8日に発生します。これが2022 年の最後の満月になります。満月のカレンダーをチェックして、お見逃しなく!

2022年に次の満月はいつですか?日付と時刻、名前、スーパームーンなどを含む2022年の満月カレンダーからわかります。
インフォグラフィックを見る
テキストクレジット:
画像クレジット:Vito Technology, Inc.
Trustpilot