11月の上旬に空に何が見えますか?

~4 min
11月の上旬に空に何が見えますか?

11月には新しい天文のイベントがあります!月は週末までに真夜中過ぎの空に移り、世界中の夜は暗くなります。火星は一晩中見事なショーを続けていますが、木星と土星は夕方にのみ輝き、水星は夜明け前に金星に加わります。2020年11月3日から8日まで、空に何が見えるかを学ぶためにお読みください。

おうし座流星群のピーク

毎年9月23日から11月19日まで発生する南おうし座流星群は、11月5日木曜日、毎時に約10流星のピークに達します。この弱い流星群は、彗星エンケ彗星の粒子です。その彗星の粒子の平均よりも大きい粒子は、しばしばカラフルな流星を生成します。

今週の月

土曜日の夜のハロウィンのブルームーンに続いて、地球の唯一の衛星は、今週のほとんどの間、世界中の観測者のために夕方の空で明るく輝きます。しかし、月が段階的に衰退し、毎晩ずっと遅く上昇するため、次の週末の空は暗くなります。

月曜日の夜、月はおうし座のヒアデス星団の近くにありました。明るいオレンジ色の星アルデバランが近くで輝いています。水曜日の夜、月はふたご座の星の間で昇ります。月はM35と指定された大きな散開星団の下に配置されます。金曜日と土曜日の夜、はるかに照らされていない月は、ガニ座の薄暗い星の間で時間を過ごします。

月は今週終了し、日曜日の日本時間22:46に下弦になります。下弦では、月は常に真夜中頃に昇り、朝中ずっと南の昼間の空に見え続けます。

明るい惑星

今週の現地時間18:00の前に、非常に明るい白い木星が南の空の下部に見えるようになります。その後しばらくすると、木星の左上に黄色がかった土星が表示されます。これらの2つの惑星の良い観察の時間もうすぐ終わります。現地時間20:30の後、この2つの惑星は南西の空に低くなり、地球の大気のはるかに厚い層を通して輝きます。

今週は、非常に明るく赤みがかった火星が、暗い東の空の下部を登っています。火星は、現地時間22:30頃に最高点、そして一番良い観察の位置に上昇します。

青緑色の天王星は、土曜日の2020年に衝と最高の視界に達しました。その夜、それは今年の地球に最も近く、28億1000万キロの距離でした。地球からの距離が最小であるため、5.7等級のピーク輝度で輝き、望遠鏡では衝の時、わずかに大きく見えます。夕方以降にもっと高くある時に天王星を探して方がいいです。青緑色の惑星は、牡羊座の星の間で輝いています。

午後半ばに上昇する海王星は、みずがめ座北東部の星の間にあり、みずがめ座φ星の左側にあります。今週、海王星は夕暮れ後、すでに空の下部にあります。その後、現地時間の20:45まで上昇し、南の空のほぼ半分にあるときに最もはっきりと見えるようになります。

金星は、しばらくの間、東の夜明け前の空に輝いています。今週の現地時間の4時頃に上昇し、日の出まで東の空に見え続けます。今週、惑星はおとめ座の星を横断します。金星は木曜日の朝、その星座の明るいポリマの星の右側に座ります。

北半球の観測者にとって、11月は東の夜明け前の空で水星を見るのすごく良い時間です。しかし、それは赤道の近くとさらに南に位置する人々にとっては弱い出現になるでしょう。金星の少し左側に、東南の地平線の非常に低くある速い惑星を探すことができます。一番良い時間は月曜日の朝の現地時間6:45以降にです。来週の火曜日、水星は太陽からの最大角度と視程のピークに達します。

澄み渡る夜空の下で楽しく天体観測をしてください!

テキストクレジット:
画像クレジット:Shawn DeGroot

Star Walk 2

Star Walk 2 ロゴ
App Storeでダウンロード
Google Playで入手する