今夜の空に月、金星、火星を見る

~3 min
今夜の空に月、金星、火星を見る

6月10日、新しい月と一緒に、壮観な金環日食が起こりました。翌日の6月11日、日没後、若い月が空を彩ります。次の数晩、月と2つの明るい惑星、金星と火星をお楽しみください。

月と金星の合

天文学における合(コンジャンクション)とは何か?」という質問に最近の記事に詳しく答えました。簡単に言えば、2つ以上の天体がの空で接近すると、合が発生します。

6月12日の日本時間、15:42に、月は空で最も明るい惑星(および太陽系で最も熱い惑星)であるまばゆい金星に接近します。月と金星はそれぞれ-8.8等級と-3.9等級で輝きます。6月11日から観測を開始できますが、この日は日没後まもなく沈むため、薄いの三日月を見るのは難しいかもしれません。世界のどこにいても、遮るもののない水平線を見つけ、日没の方向を見て、若い月を見つけることができます。双眼鏡も役に立ちます。

月と火星の合

月と火星の合は6月14日、日本時間、4:52に発生します。合の正確な日時については言及していますが、天体が近くで輝いているのを観察できるのはこの瞬間だけではないことに注意してください。

1.8等級の火星は、比較的薄暗く目立ちません。火星を見るには日没まで待ってください。おそらく、金星が沈んだ後に惑星を見つけるでしょう。月と火星の近くには、ふたご座の2つの有名な星、カストルとポルックスが見えます。後者は、この星座の中で最も明るい星であり、最近では火星の約1.8倍明るく輝いています。

「今夜、現在場から火星が見えますか?」または「いつ金星を探して方がいいすか?」のような質問があると、Star Walk 2はまさに必要とするものです。星空観察ガイドは、月、金星、火星、および頭上にある他の多くの天体を簡単に見つけて識別し、それらの正確な上昇と設定時間を確認し、注目に値する天文の現象を見逃すことはありません。

地球照の微妙な輝き

新月の周辺の日には、月面の暗い部分を照らす淡い輝きを楽しむことができます。それは地球照です。太陽の光が地球の表面で反射し、月の暗い部分を照らすと、地球照が生じます。この現象は、日没直後または日の出前に最もよく見られます。天文アプリの「スカイライブ」で、太陽と月の正確な出没時刻や月の満ち欠けを確認できます。

この記事が気に入ったら、友達と共有して、夜空の写真を送ってください。楽しく天体観測をしてください!

テキストクレジット:
画像クレジット:Vito Technology, Inc.