リングのような形に見える日食がやってくる!

~4 min
Sun eclipsed by the Moon during an annular eclipse

6月10日には、世界の特定の地域からの観測者が金環日食を見るチャンスがあります。日食が何の場所から見えるかどうかを学び、観察する方法についてのヒントを得るために読んで続きます。

日食現象を説明するビデオを見ることもできます。

日食が起こるしくみ

日食は、月が地球と太陽の間に来て、地球に到達する太陽光を完全にまたは部分的に遮断すると発生します。この壮大な天文イベントは、新月の時のみ発生します。

月の軌道が地球と同じ軌道面にあったら、毎月日食を観測します。ただし、月の軌道は、太陽の周りの地球の軌道に対して5度以上傾いています。このため、月の影は一定期間だけに地球を届きます。毎年、日食は2回〜5回発生します。

金環日食とは?

金環日食は、月の軌道が地球から遠すぎるあるときに発生します。つまり、月が太陽を完全に覆うことができない場合に発生します。月は、太陽の視直径の中心だけを遮り、その外縁が見えるようにします。これにより、月のシルエットの周りに明かりのリング(炎の環とも呼ばれる)が生成されます。日食の「炎の環」段階は、1秒未満から12分以上続くことがあります。

日食の何時には?

2021年の2回日食のうち、最初は金環日食です。6月10日に発生し、カナダ、グリーンランド、ロシアの一部から見えるようになります。さまざまな場所で、日食はさまざまな時間に表示されます。

  • カナダでは、オンタリオ州、ヌナブト準州、ケベック州の町で金環日食がグリニッジ標準時、09:55から10:47まで(日本時間の18:55〜19:47)見られます。
  • グリーンランドでは、金環日食がグリニッジ標準時、10:32から10:41まで(日本時間の19:32〜19:41)Savissivik、カーナーク、およびチューレ空軍基地で見られます。
  • ロシアでは、サハ共和国にある町(チョクルダフ、スレドネコリムスク、ベラヤゴラ、ジリャンカ)で金環日食がグリニッジ標準時、11:22から11:29まで(日本時間の20:22〜20:29)見られます。

北アメリカ、ヨーロッパ、北アジアにいる人々は、部分日食を見るチャンスがあります。金環日食のように息をのむようなものではありませんが、それでも見る価値はあります。部分日食が見られるいくつかの都市はニューヨーク、モントリオール、トロント、ワシントンD.C.、ロンドン、レイキャビク、アナディル、ヤクーツク、ウランバートルです。

Eclipse Guideを使用して、現在地の日食の視認性を確認できます。このアプリは、さまざまな地域から日食がどのように見えるかを示し、日食のさまざまな部分のアラームを設定できるようにします。Eclipse Guideはまた、今後の日食と月食のカレンダーを提供し、それらを観察するのに最適な場所を提案するので、このアプリは日食追跡に最適です。

注意:太陽を直視してはいけません。日食を観察している間は、太陽の有害な放射線を遮断する適切な眼の保護具を使用してください。

次の日食はいつ?

すでに述べたように、2021年には日食は2回だけです。2回目は12月4日に発生し、皆既日食になります。残念ながら、皆既日食は南極からしか見えません。他の多くの地域では、観測者は部分日食だけを見るでしょう。

6月10日の皆既日食の写真を撮ることができたら、ソーシャルメディアで共有してください。楽しく天体観測をしてください!

テキストクレジット:
画像クレジット:Marek Okon
Eclipse Guide ロゴ

Eclipse Guide

App Storeでダウンロード
Google Playで入手する
Star Walk 2 ロゴ

Star Walk 2

App Storeでダウンロード
Google Playで入手する