月、土星、木星が夜空で会います

~3 min
月、土星、木星が夜空で会います

もう一回、世界は3つの明るい天体の再会を目撃することができます。月、輝く木星、金色の土星です。この著名なトリオを観察し、一番良い観察時間を決定する方法については、以下を読めます。

月は木星と土星と踊ります

2020年8月29日、午後10時43分(日本時間)に、月は太陽系の最大の惑星である木星に接近します。月は-12.4等級で輝き、木星は-2.6等級になります。8月30日、午前1時59分に、もう一方のガスの巨大である土星(等級は0.1になる)がこの天文学的なデュエットに参加します。3つの天体が星座射手座で会合し、木星と土星は今年の終わりまで残ります。

夕暮れ時に空の南部でトリオを見つけることができます。その横で輝く明るいガスの巨人を簡単に見つけるように、上弦の月を探して方がいいです。木星と土星は肉眼でも双眼鏡でも見ることができます。白く輝く木星は、金色の薄暗い土星の約8倍明るいですから、これらの惑星を取り違えません。普通の望遠鏡は、木星のガリレオ衛星(イオ、カリスト、ガニメデ、エウロパ)と大赤斑を、土星の驚くべきリングと自然の衛星とともに観察するのに役立ちます。

木星と土星の輝きは、2つの要因の結果です。大きいサイズと強い反射率はアルベド(ラテン語の「白さ」)とも呼ばれます。太陽系の最大の惑星である木星と土星は、それぞれ太陽光の約52%と47%を反射します。月はそれらと競争することができず、太陽光の12%しか反射しませんが、地球にもっと近くあるから、夜空では非常に明るく見えます。

Star Walk 2アプリで、月とガスの巨人の上昇時間と設定時間を確認できます。また、アプリは、あなたが空惑星を見つけるのに役立ちます。ARモードを有効にすると、星座や輝く星々の間に照らす月、木星、土星を楽しむことができます。

遠日点の月

また、2020年8月31日、午後11時37分(日本時間)、月は遠日点を通過します。遠日点というのは軌道から太陽から最も遠い点のことです。遠日点にある間、月は太陽から1.0118天文単位の距離にあります。通常、月は満月になる時、この点を通過します。 次の満月は2020年9月2日水曜日に空を飾るでしょう。コーンムーンは夏至と秋分の間で発生する夏の最後の満月になります。私たちをフォローしたら、この天文学的な8月の最後の満月を見逃すことはありません。

澄んだ空と幸せな星空観察です!

テキストクレジット:
画像クレジット:Vito Technology

Star Walk 2

Star Walk 2 ロゴ
App Storeでダウンロード
Google Playで入手する