月、木星、土星が一緒に輝きます

~3 min
月、木星、土星が一緒に輝きます

繰り返しになりますが、世界中のオブザーバーは、三日月、木星、土星の壮大なトリオが空に輝いているのを見る機会があります。この美しい天文現象をどのように、いつ、どこで観測するかについては、記事をお読みください。

明るい天文のトリオ

先週、内惑星である金星と水星に会った、月木星と土星に加わるつもりです。月と木星の合は、2020年11月19日の日本時間08時57分に発生します。これは天体が最も接近する時間ですが、それらを一緒に見るのはそれだけではないことに注意してください。生後4日の月は、-11.1の等級になり、王様の惑星木星は-2.1等級で輝きます。太陽系で最大の惑星である木星と地球の衛星は、いて座の星の中で輝いています。

この日にも、土星がデュエットに参加します。月と土星の合は、2020年11月19日の日本時間23時51分に行われます。月と土星はいて座で出会い、それぞれ-11.2と0.4の等級で輝いています。

三日月を使用して、日暮れ後の11月18、19、20、21日に空にある木星と土星を見つけます。木星は土星よりも12倍に輝いています。最初に鮮やかな木星を見つけて方がいいです。そうすると、近くに金色の星が輝いているのに気付くでしょう。それは土星です。土星は肉眼で見られる最も遠い惑星です。望遠鏡を使ってその美しい環を観察してください。

星空ガイドのStar Walk 2は、月、ガス巨人、いて座の正確な位置を取得し、現在地に最適な視聴時間を決定するのに役立ちます。アプリを開き、検索フィールドに天体の名前を入力して、その眺めを楽しんでください!スカイライブセクションを開いて、月の満ち欠けに関する情報を取得し、月と惑星の上昇と設定の正確な時間を決定します。

M75は木星と土星の近くで輝いています

18世紀、フランスの天文学者シャルス・メシエは夜空を観察し、いくつかの「漠然とした物体」を発見しました。最初、メシエはこれらの天体を彗星と間違えましたが、その後、彼は自分の誤りに気づきました。シャルス・メシエと彼のアシスタントのピエール・メシャンは、他のオブザーバーが同じ間違いを犯さないように、これらのオブジェクトのカタログを作成し始めました。現在、メシエカタログには、拡散星雲、惑星状星雲、散開星団、球状星団、銀河など、110個の天体が含まれています。

今週、木星と土星は、いて座の南部にある球状星団M75(またはNGC6864としても知られている)を通過する予定です。1780年にフランスの天文学者ピエール・メシャンによって発見されました。星団は地球から約67,500光年の距離にあり、8.6等級です。M75は約130億年前のものと考えられており、約40万個の星が含まれています。

カナダの天文学者ChrisVaughanによると、観測者は現地時間の午後6時から7時の間に球状星団を見ようとする必要があります。その時にM75はもっと高くにあり、空が完全に暗くなります。双眼鏡または望遠鏡を使用して、土星の左上にあるかすかなパッチを探します。

楽しく観察をしてください!

テキストクレジット:
画像クレジット:Vito Technology

Star Walk 2

Star Walk 2 ロゴ
App Storeでダウンロード
Google Playで入手する