2021年6月1日、月と木星が接近

~3 min
Moon, Jupiter, Saturn, Pluto, Neptune over a lake

6月1日には、空で、月が木星に近くに通過します。その二つの天体の合(コンジャンクション)をいつ、どのように観察するかを説明します。

月と木星の合とは?

「天文学における合とは?」に関する詳細な回答は、前回の記事で読むことができます。簡単に言えば、合中に、月と木星は、地球から見たときに、互いに非常に接近して通過します。

月と木星の合は珍しいイベントではありません。ほぼ毎月それを観察できます。今後の天文学的季節の月と木星の合のスケジュールは次のとおりです:

  • 6月29日(火曜日)日本時間3時41分、
  • 7月25日(日曜日)日本時間10時21分、
  • 8月22日(日曜日)日本時間13時56分、
  • 9月18日(土曜日)日本時間15時54分。

注意:天文学では、季節は二つの至点と二つの分点によって定義されます。今後の夏至(June solstice)は、北半球での夏至の始まりを示し、逆に、南半球での冬至の始まりを示します。今季節は6月20日から9月22日まで続きます。

月と木星の見る方法は?

6月1日、日本時間18時00分に、木星は月の北緯4.4ºになります。合の夜に、59.8%照らされた月は-12.1の等級で輝きます。ガス巨星は-2.5等級になり、両方の天体がみずがめ座に位置されます。

月は、間違いなく、夜空で最も見つけやすい物体の1つです。太陽、月、金星に続いて、それぞれ4番目に明るい天体である木星も見つけやすい天体です。タイムゾーンによっては、合の正確な瞬間を見逃す可能性があります。ただし、木星が月のすぐ近くを通過しているのを見ることができますから、夜明けの直前に観測を開始し、月を基準点とします。

天候が良ければ、ほぼ同時に近くの適度に明るい土星を見つけることができます。土星は1等星として輝いていますが、それをよりはっきりと見るには双眼鏡が必要になるでしょう。

ある瞬間、冥王星と海王星(どちらも肉眼では観察できない)は、地平線の上のはるかに明るい木星と土星とほぼ一致します。このような構成を確認するには、天体観測ガイドStar Walk 2を使用できます。そのタイムマシン機能は、事前に観測を計画するのに役立ちます。画面の右上隅にある時計アイコンをタップして、時間を前後に巻き戻して、さまざまな時間の空を見られます。

楽しく天体観測をしてください!

テキストクレジット:
画像クレジット:Vito Technology
Star Walk 2 ロゴ

Star Walk 2

App Storeでダウンロード
Google Playで入手する