今週の天体観測のヒント

~3 min
今週の天体観測のヒント

10月の最初の日は私たちに何をもたらしますか?2020年9月29日から10月4日までに見る価値のある天文現象についてさらに学ぶために読んでください。

黄道光

毎年9月と10月の夜明け前の約30分の間、中北部の緯度の観測者は東の空に黄道光を見られます。黄道光は、太陽系の平面に集中している惑星間粒子によって散乱された日光です。都市の光のない地域で最もよく見られます。私たちの記事で黄道光についてもっと読むことができます。

東の地平線の上に黄道光を探して方がいいです。黄道光と、さらに南東に位置する天の川とを混同しないでください。

夜空の明るい光

今週空で見られる最も明るいオブジェクトのリストを、明るさの降順で示します。

は夜間の空で最も明るい天体であり、特に満期に近いときはそうです。10月の最初の満月(今月は2つある!)は、10月2日の午前6時5分(日本時間)に発生します。

次の明るい天体は金星で、午前3時45分から毎朝日の出までの間に東の空で-4.1等級で輝いています。

3番目は火星です。夕方の南東の空にある非常に赤くて明るい物体です。先週から、火星は木星よりも明るくなっています。火星は、地球に近づくと明るく見え、遠いほど暗く見えます。10月初旬には、地球は火星にあまり一番近づくなります。その後、火星は最大-2.6等級に達し、惑星から離れるにつれて、火星はすぐに暗くなり始めます。10月27日までに、火星はすでに木星よりも暗くなっています。

木星と言えば、それは非常に明るくて白い色の-2.3等級の物体で、毎晩日没後に南西の空に輝いています。木星も、この秋に地球から遠ざかるにつれて毎晩少し暗くなっていますが。年間に、木星の明るさは火星ほどそんなに変化していません。

今月の夜明け前の空には、全て空に最も明るい星シリウスがあります。シリウスは-1.45等級で輝いています。はるか南にありますが、金星と朝の空を共有しています。

次の明るい天体はオレンジ色の星のアークトゥルスです。この-0.05等級の星は、夕暮れ後に西の空に現れます。

次は明るい青白の星ベガです!ずっと前に、ベガの見かけの等級を0等級と定められたから、等級のスケールのスタートポイントでベガが選ばれました。それ以来、測定値の改良により、その値はわずかに0.03等級に変更されました。 次は明るい黄色の星カペラです。この0.08等級の星は、ベガよりもかろうじて薄暗く、現地時間の午後10時以降、北東の地平線上できらめくので目を引くでしょう。

最後は黄色がかった土星です。今年の夏の間、土星はずっと明るい木星と一緒あったので、簡単に識別できました。0.46等級の土星は、実際には木星の13.5倍暗いです。

Star Walk 2アプリを使えば、星、星座、惑星を簡単に見つけることができます。拡大鏡アイコンをタップし、検索フィールドにオブジェクトの名前を入力して、リストから選択するだけで、上空にオブジェクトの場所が表示されます。

これらは、今週の天文学的なハイライトです。幸せな天体観測!

テキストクレジット:
画像クレジット:Ken Cheung

Star Walk 2

Star Walk 2 ロゴ
App Storeでダウンロード
Google Playで入手する