今週の天体観測:シーズンの半

~4 min
今週の天体観測:シーズンの半

最も注目に値する今後の天文イベントで1週間を始めましょう。この記事を読んで、2020年10月27日から11月1日までの天体観測のイベントを学びましょう。

シーズンの半

ハロウィーンは、毎年10月31日の日付に固定されています。それは実際には、収穫期の終わりと冬至の始まりを記念して古代ケルト人によって観察された祭りであるサウィン祭に端を発しています。天文学的に言えば、サムハインは4つの四半期をまたがる日の1つであり、至点と分点の中間で発生する季節の中間点です。

秋の真の中間点は11月7日に発生します。そのとき、太陽の黄経は225°になります。これはてんびん座の二重星てんびん座α星に非常に近い値です。他の3つの四半期をまたがる日は、2月2日のインボルク、5月1日のベルテイン、および8月1日のルーナサです。

最も明るい月

これは、月が世界中の夕方の空で最も明るく輝く月の月の週です。

木曜日の夕方の夕暮れ後の東の空では、ほぼ満月が火星の南東の天体に対して4度に配置されます。これは、ほとんどの双眼鏡で一緒に表示されるのに十分な距離です。

10月30日金曜日の真夜中以降、北米のほとんどで双眼鏡と望遠鏡を使用している観測者は、4.35等級のくじら座ξ1星の前で月が交差するのを見ることができます。

10月31日土曜日の日本時間の午後11時49分に、10月の2番目の満月が発生します。双眼鏡または望遠鏡を使用して、金曜日の月の西の縁と土曜日の東の縁に沿ったクレーターを探します。月が完全に満月になるのを東ヨーロッパ、中東、東アフリカに住む人々だけが見ることができます。

この満月は、地球から最大距離に達してからわずか20時間後に発生し、2020年の最小の満月を生成します。最後の満月は10月1日に発生したため、月の2番目の満月は「ブルームーン」になります。しかし、月の色が変わりません。珍しいハロウィーンブルームーンとその用語の歴史について詳しくは、次の記事をご覧ください。

また、月とその色についてのエキサイティングなクイズも間もなく提供します。神秘的なブラックムーンについて何を知っていますか?いつブラッドムーンを見ることができますか?ソーシャルメディアをフォローすれば、クイズを見逃すことはありません!

明るい惑星

今週の現地時間の午後7時前、非常に明るくて白い木星が南の空の下部に現れます。その後しばらくすると、木星の左側に、薄暗い黄色がかった土星が表示されます。速い木星は遅い土星を追いかけていて、12月21日に壮観な方法でそれを通過します!

火星はまだ素晴らしい夜のターゲットです!今週は、非常に明るく赤みがかった火星が現地時間の午後6時前に東に上昇します。

空が完全に暗くなる頃には、天王星と海王星も地平線上にあります。天王星は土曜日に衝に達するです。その夜、それは28億1000万キロの距離で今年の地球に最も近くなります。地球からの距離が最小であるため、5.7等級のピーク輝度で輝き、望遠鏡では数週間少し大きく見えます。午後9時以降、空に高くなる天王星を探して方がいいです。今週末の新しい記事で、天王星の反対についての詳細を明らかにします。

金星は、しばらくの間、東の夜明け前の空に輝いています。今週の現地時間の午前4時45分頃に上昇し、日の出まで東の空に見え続けます。

次の週末までに、夜明け前に東南の地平線のすぐ上にある速くて小さな水星を探し始めることができます。これは、中北部の緯度にいる人にとって、優れた水星の見る時間の始まりです。

澄み渡る空の下で、楽しく天体観測をしてください!

テキストクレジット:
画像クレジット:Vito Technology

Star Walk 2

Star Walk 2 ロゴ
App Storeでダウンロード
Google Playで入手する