2022年9月満月はハーベストムーン!

~4 min
2022年9月満月はハーベストムーン!

今年の9月の満月は、ハーベストムーン(中秋の名月)になります。しかし、10月の満月はハーベストムーンと呼ばれることもあります。元々アメリカ先住民は、年末までに満月の名前を使い果たしましたか?この記事ではハーベストムーンについて話しましょう。

内容

2022年9月満月はいつ?

今月の満月は日本時間の9月10日の午後6時59分(グリニッジ標準時間09:59)です。現時点では、月はみずがめ座にあります。お住まいの地域でこの時点で月が地平線の下にある場合でも、月を見るチャンスがあります。肉眼では、満月の前後に月が完全に丸く明るく見えます。

ハーベストムーンとは?

ハーベストムーン(中秋の名月、英語:Harvest Moon)は、北半球では9月、南半球では3月に発生する秋分点に最も近い満月です。この頃、月は日没後すぐに昇ります。以前は、これにより農家はより長く働き、月明かりの下で夕方に作物を収穫することができました。そのため、秋分の頃の満月はハーベストムーンと呼ばれていました。

ハーベストムーンと秋分

ハーベストムーンは、他の満月の名前とは異なり、特定の月に関連付けられていません。代わりに、それは秋分の日に関係があります。それに最も近い満月がハーベストムーンです。北半球では、中秋の名月は通常9月ですが、3~5年ごとに10月になります。南半球では、ハーベストムーンが3月または4月に発生します。

今年の北半球の秋分点は、日本時時間の9月23日の午前10時04分(グリニッジ標準時間01:04)です。そのため、9月10日の満月はハーベストムーンです。南半球では、日本時間の3月21日の午前00時33分(グリニッジ標準時間の3月20日15:33)に秋分がすでに過ぎました。

次のハーベストムーンはいつ?

2023年に、北半球でハーベストムーンも9月の満月になります。正確な時刻は日本時間の9月29日の午後6時57分(グリニッジ標準時間09:57)です。南半球の日付は日本時間の**2023年3月8日の午前4時40分(3月7日グリニッジ標準時間19:40)**です。

ハーベストムーンがオレンジ色に見えるのはなぜのか?

月は空に低くある間、オレンジ色の色合いを持つことがあります。その理由は、青い波長が大気によって散乱され、赤い波長が多く残るため、月がオレンジ色または赤みを帯びた輝きを放つからです。クイズに合格して、月の可能な色についてもっと学びましょう!

空に月は、オレンジ、ゴールド、さらには血のように赤い色をとることができます。なぜそれが起こるのですか?そして、月の本当の色は何ですか?このクイズに答えて、月の色の変化について詳しく学びます。
クイズをスタート!

9月満月の他の名前

前に述べたように、ハーベストムーンは、秋分の日付に応じて、9月と10月の両方の満月を表すために使用される名前です。ハーベストムーンが10月に発生するとき、9月の満月はコーンムーンと呼ばれます。元々アメリカ先住民が使用するもう1つの伝統的な名前は、ラッティングムーンです。この時期に、シカの発情期が始まります。

9月の満月の他の別名には次のものがあります。

  • 中国人:菊月
  • セルティック人:歌う月
  • ウィッカ人:大麦の月
  • チェロキー:ナッツムーン
  • 南半球:ワームムーン、レンテンムーン、クロウムーン、シュガームーン、チェストムーン、サップムーン

文化では9月の満月

東アジアでは、9月の満月は中秋節であり、月餅まつりまたはランタンフェスティバルとしても知られています。旧正月に次ぐ重要なお祭りです。この日、人々は伝統的に家族や友人と集まり、月餅を食べ、提灯に火を灯し、月を眺めます。

9月の満月の近くにある惑星

満月の2日前の9月8日に、月はやぎ座で土星と出会います。9月11日には、木星の隣に月が見えます。正確なタイミングと観測のヒントには、月と惑星の合に関する記事を確認します。

2022年の次の満月はいつ?

2022年10月9日は10月の満月、またはハンターズムーンです。月を観察するのに最適な時期を見逃さないように、カラフルな満月カレンダーを使用できます。

2022年に次の満月はいつですか?日付と時刻、名前、スーパームーンなどを含む2022年の満月カレンダーからわかります。
インフォグラフィックを見る

楽しく天体観測をしてください!

テキストクレジット:
画像クレジット:Vito Technology, Inc.
Trustpilot