1. ホームページ
  2. 天文ニュース

2021年6月の満月はストロベリームーン!

~3 min
2021年6月の満月はストロベリームーン!

夏至の後の最初の満月は2021年6月25日に発生します。ストロベリームーンとは何か、いつ見るかを調べましょう!

ストロベリームーンとは?

北米でのいちごの収穫時期に観測される満月はストロベリームーン(英語:Strawberry Moon、苺月)と呼ばれます。ストロベリームーンは、通常、季節の最初または最後の満月です。

各満月は名前があります。ピンクの月のように、これらの名前は通常、月の実際の色とは何の関係もありません。代わりに、先人は、特定の月の植物、動物、または天候の行動に基づいて各満月に名前をあげました。今でも、人々はこれらの名前を使用しています。

6月の満月の別名は、ヨーロッパでのバラ(rose)の収穫を意味するローズムーンと、北半球の暑い夏の始まりを伴うホットムーンです。

2021年のストロベリームーンはいつ?

2021年、ストロベリームーンは日本時間の6月25日3:39(24日、18:39 GMT)に発生します。天文学的に言えば、月は黄道経度で太陽の反対側にあるとき、満月が起こります。つまり、月と太陽の離角が180度の時です。Star Walk 2アプリで月の進路を追跡して、満月の空の位置を確認します。

実際には、満月を数日間、観察する機会があります。肉眼に月は長い時間に満月と見えます。

興味深い事実

この満月は6月の至点(夏至)の周りに発生するので、6月の満月は12月の至点(冬至)の太陽を模倣します。どういう意味ですか?

月は、12月の至点の太陽と同じで、北半球の地平線よりも比較的低い位置にとどまります。北極圏では、月は地平線からまったく昇りません。逆に、南半球では、月が空高く見えます。南極圏では、24時間空になります。

季節の最初の満月

通常、1つの天文の季節には3つの満月があります。天文の季節とは至点と分点の間の期間(またはその逆)という意味です。しかし、時々、季節に4つの満月があります。2021年のように:

  • 6月21日の至点

  • 6月25日のストロベリームーン

  • 7月24日のバックムーン

  • 8月22日のスタージオンムーン

  • 9月21日のハーベストムーン

  • 9月22日の分点

季節の4つの満月の3番目のはブルームーンと呼ばれます。2021年には8月の満月がブルームーンになります。このような余分な満月は2年半ごとに発生し、次回が2023年に発生します。

今、ストロベリームーンとは何か、満月の名前の源がわかるから、月の色について楽しくて教育的なクイズに参加して、自分のアップグレードされた天文学的知識をテストできます。今後のクイズのアイデアや提案があれば、ソーシャルメディアでお知らせください。

楽しく天体観測をしてください!

テキストクレジット:
画像クレジット:Vito Technology, Inc.
Trustpilot
Star Walk 2 Free ロゴ

Star Walk 2 Free

App Storeでダウンロード
Google Playで入手する