この夏、4つの流星雨が一緒に見られる

~4 min
この夏、4つの流星雨が一緒に見られる

7月の天文イベントの終わりと2020年8月の始まりとして、息をのむような4つ流星雨が数週間に続きます。流星雨は今どこで起こっていますか?読み続けると、それがどのように発生するか、そして今夜どのような流星群が起こっているかを知ることができます。はい、ペルセウス座流星群を含む!

流星雨はどのように発生しますか?

流星群(流星雨)は、平行軌道上と高速で地球の大気に入る群流星によって引き起こされます。流星雨に属する流星を群流星と言います。流星雨は地球が群流星の軌道を横切ると同時に毎年発生します。流星雨の特徴は軌跡が天球上のある一点(放射点または輻射点という)を中心に放射状に広がるように出現する一群です。普通、流星雨は放射点がある星座の名前で呼ばれます。

みなみのうお座流星群

みなみのうお座流星群は弱い流星群で、放射点がみなみのうお座の一番明るい星フォーマルハウトの近くにあります。7月15日頃から8月10日頃にかけて出現し、ピークは7月28日になります。母天体は発見されていませんが、それは崩壊した可能性があります。最大の出現流星数(ZHR)は10個ですが、放射点が天頂から遠いため、日本などでは、みることのできる流星はあまりありません。

この天文現象を観察するのに最適な時期はいつですか?みなみのうお座流星群は、放射点が東の地平線上で最も高くなる午前11時頃(日本時間)に最高を生み出す可能性があります。International Meteor Organization (IMO)によると、流星雨は2020年7月28日にピークに達すると予想されています。

みずがめ座δ流星群とやぎ座α流星群

みずがめ座δ流星群の出現期間は7月12日から8月23日まで、ピーク頃、毎時最大出現流星数は20個です。母天体は不明ですが、96P Machholz彗星可能性があります。みずがめ座δ流星群は南半球から最もよく見えますが、北半球のスターゲイザーもイベントを垣間見ることができます。

やぎ座α流星群の出現期間は7月3日から8月15日までです。母天体は169P/NEAT彗星です。強くなくて、毎時出現流星数は5個の流星群の特徴がすごく明るい流星群です。みずがめ座δ流星群とは異なり、両方の半球で等しく表示されます。

7月29〜30日は、2つの流星群のピークになります。放射点は十分に近くに置かれます。それぞれ水瓶座と山羊座にあります。それは私たちを壮大な夜空の景色に導きます。夜に毎時最大30個の流星を見ることができます。これはこと座流星群が持っている以上のものです。

ペルセウス座流星群

そして、7月には、1年で最も人目を引く空のイベントの1つであるペルセウス座流星群がもたらされます。ペルセウス座は、スイフト・タットル彗星に関連する流星群です。7月17日から8月24日まで活発で、放射点はペルセウス座に置かれています。ピークには、毎時出現流星数は50〜75個になります。 IMOによるとピークは8月12日の13:00から16:00 GMTです

Star Walk 2を介して、放射点を決定し、流星群がどこから来ているかを調べます。 流星は、空のいたるところの広い領域に見えます。最高の星空を体験するには、街の明かりに近づかないように方がいいです。

ソーシャルメディアでフォローして、最新の天文学的なイベントについて行きます。

テキストクレジット:
画像クレジット:Vito Technology

Star Walk 2

Star Walk 2 ロゴ
App Storeでダウンロード
Google Playで入手する