火星に着陸したNASAのInSight

*このテキストの翻訳が自動的に行われました。

火星はちょうどその最新のロボット居住者を受け取りました。地震探査、測地測量、熱輸送(InSight)着陸機を使用したNASAの内陸探査は、地球から約7ヵ月、3億300万マイル(4億8千万キロメートル)の旅の後、赤い惑星を成功裏に打ち破った。

InSightの2年間の任務は、火星の内部を研究して、地球と月を含む岩石の表面を持つすべての天体がどのように形成されたかを学ぶことです。

InSightは、5月5日にカリフォルニアのヴァンデンベルク空軍基地から発射された。着陸機は、火星の平野の赤道付近の火星の赤道近くで、Elysium Planitiaと呼ばれる溶岩の広大な噴火口付近に着陸した。おおよその正午の午後3時(東部標準時午後3時)。

着陸信号は、NASAの2つの小さな実験的なMars Cube One(MarCO)CubeSatsの1つを介して、カリフォルニア州パサデナのNASAのジェット推進研究所(JPL)に中継されました。彼らは深い空間に送られた最初のCubeSatです。多数の通信および機内ナビゲーション実験を成功裏に実施した後、双子MarCOは、InSightの入国、降下および着陸中にトランスミッションを受信する位置に設定されました。

成功したタッチダウンの確認は、赤い惑星への着陸の課題の終わりではありません。 InSightの表面操作フェーズはタッチダウン後1分で始まりました。その第1のタスクの1つは、電力を提供する2つの斜めのソーラーアレイを展開することです。そのプロセスは着陸から16分後に始まり、完了するまでにさらに16分かかります。

InSightは着陸後1週間以内に科学データを収集し始めますが、チームは主に火星の地上でInSightの機器を準備する準備に集中します。タッチダウンの少なくとも2日後、エンジニアリングチームは、InSightの5.9フィート(1.8メートル)のロボットアームを導入して、風景の画像を撮ることができます。

InSightは、2020年11月24日まで、1つの火星の年、さらに40の火星の日、またはゾルの表面上で動作します。InSightの遠隔測定を中継した2つの小さなMarCOの使命は、火星の飛行後に完了しました。

テキストクレジット:
画像クレジット:Vito Technology

Star Walk 2

Star Walk 2 ロゴ
App Storeでダウンロード

Star Walk 2 Free

Star Walk 2 Free ロゴ
Google Playで入手する