月のない空で偉いしし座流星群を観測

~3 min
月のない空で偉いしし座流星群を観測

しし座流星群は、空に目立つように見えることだけではなく、科学にも大きく貢献しています。今日の記事では、彼らの歴史と、この流星群が流星の科学的研究にどのように影響したかについて説明します。そして、もちろん、この注目すべき出来事を観察する方法を説明します。 始めましょう!

しし座流星群を見るの方法

しし座流星群はペルセウス座流星群とほぼ同じくらい有名があります。それらは強い流星群として知られており、テンペル・タットル彗星に関連しています。それらの放射点はしし座にあります。流星はこの星座から発生しているように見えます。しし座流星群は11月6日から30日まで活動しており、ピークは11月16日から17日です。今年のピーク時には、月がわずか5%しか照らされません。ですから、観測者は流星を捕まえる機会が増えます。月が空を照らすことが少ないほど、観測は良くなります。

北おうし座流星群とは異なり、しし座流星群は非常に高速です。ライフルの弾丸の200倍以上の速さで、輝くしし座流星群は空で飛行し、長い青緑色の小道を残します。

ししざが空で最も高い夜明けの1時間前に、しし座流星群を観測して方がいいです。ほとんどの場合、2020年には、街の明かりから離れた場所を見つけることができれば、1時間あたり最大20個の流星が見られます。しかし、年ごとに、表示される流星の数は大きく異なります。

しし座流星群の歴史

これまでに見られた中で最大の流星群の1つは、確かにしし座流星群です。1833年11月、最大で1時間あたり5万個の「雨のような」大出現が見られたと伝えられている。それは、流星の科学的研究の発展に大きな影響を及ぼしました。

以前は、天文学者は流星が雨や雪のような大気現象であると考えていました。しかし、1833年11月のしし座流星群の活動ので、異なる理論が現れ始めました。1834年1月、デニソン・オルムステッドは、流星が宇宙の粒子の雲から発生したことを示唆しました。1865年、天文学者はしし座流星群と関連する彗星を発見しました。彗星は後にテンペルタットルと名付けられました。彗星の公転周期は約33年と推定されていたため、一部の天文学者は1866年にしし座流星群の別の大規模な活動があると予測しました。これは真実であることが判明しました。

1833年以降、しし座流星群の記録された外観は比較的安定していました。ほぼ33年ごとに、この流星群は空に素晴らしい景色を作り出しました。しかし、20世紀の終わりまで、天文学者はまだ流星群の活動を正確に予測する方法を知りませんでした。1999年になって初めて、しし座流星群の観測に基づく分析作業が発表されました。その作業には、10分までの活動に関する予測が含まれていました。

ご覧のとおり、流星群の分析はまだ発展途上です。これは主に、大量の嵐があまり頻繁に発生しないためです。しし座流星群の最後の爆発は1999年だったので、次の壮大なショーは2030年までには期待できません。しかし、通常の年でも、しし座流星群はまともな活動を示しており、おそらくいくつかの驚きもあるでしょう。

澄み渡る夜空の下で楽しく天体観測をしてください!

テキストクレジット:
画像クレジット:Mikhail Reva

Star Walk 2

Star Walk 2 ロゴ
App Storeでダウンロード
Google Playで入手する