金星は夜明け前に土星、後、木星に出会

~3 min
Saturn, Jupiter, Venus, and Mercury

2月は惑星愛好家にとって良い月ではありません。夜に見える一つの惑星は火星です。ただし、早起きが好きな場合は、サプライズがあります。1週間以内に、金星は土星と木星の2つの惑星と合となります。さらに、それは惑星トリオの一部になります!今日の記事では、これらの天文現象を観察する方法に関するヒントを紹介します。

2つの惑星が合しているとはどういう意味ですか?

天文学では、地球から観測されたように、2つの天体が同じ赤経または同じ黄道経度を持っている場合、それらは互いに合していると見なされます。簡単に言うと、2つの天体が空で接近しているように見えるときに合が発生します。実際には、合の時、天体は数億キロメートル離れています。

夜空に接近する惑星は、肉眼と双眼鏡の両方で見ることができる魅力的な景色を提供することができます。非常に密接な合は望遠鏡を通してさえ観察することができます。

金星と土星の2021年の合はいつ見ることができますか?

金星と土星の合は2月6日に発生します。2つの惑星は、日の出の1時間前に空で合流し、わずか0.4度離れます。参考までに、地球から見たら、月は直径約0.5度です。

惑星は朝の薄明の輝きに隠されて空に低くぶら下がっているので、この合は両方の半球から簡単に見ることはできません。しかし、とにかくそれらを観察するようにしてください!金星(太陽と月に次いで3番目に明るい天体)は-3.8の等級で光るので、空で見つけることができるはずです。金星を見つけたら、双眼鏡を使って、近くで1.3の等級で輝いている薄暗い土星を見つけます。

金星と木星の2021年の合はいつですか?

2番目の合も早起き用です。2月11日、日の出前1時間以内に、金星は-1.9の等級を持つ木星に近づきます。惑星は、空で約0.4度離れています。南半球の観測者は、惑星が空のより高い位置に配置されるため、より良い観測条件が得られます。この合を見るには、良い観測点を見つけ、双眼鏡を地平線に向け、金星と木星が空に十分に高くなるのを待ちます。しかし、夜明けの光が最終的に惑星を視界から隠すので、あまり長く待たないでください。

そして、木星との合の2日後に、金星も惑星トリオの一部になります!2月13日に、最も明るい惑星が早朝の空で2.8の等級の水星と木星と隣になります。金星は水星から4.5度、木星から1.5度離れています。肉眼でトリオを観察することができます。

Star Walk 2アプリは、特に観測条件があまり良くない場合に、合中に惑星を見つけるのに非常に役立ちます。アプリを起動し、拡大鏡アイコンをタップし、惑星の名前を入力して、対応する検索結果をタップするだけです。その後、デバイスを空に向け、白い矢印に従って必要なオブジェクトを見つけます。指でズームインし、近くのオブジェクトをタップして名前を確認できます。

楽しく天体観測をしてください!

テキストクレジット:
画像クレジット:Vito Technology
Star Walk 2 ロゴ

Star Walk 2

App Storeでダウンロード
Google Playで入手する