月が夜空で火星と一緒

~4 min
The Moon Joins Mars in March

これらの数夜、スターゲイザーは観察することがたくさんあります。おうし座の星座を横切る月は明るい火星に出会い、プレアデス星団と赤い星アルデバランは天文学的なデュオの近くで輝きます。今日の記事では、これらの素晴らしい天体とそれらをホストしている美しい星座をいつどのように見るかを説明します。

月と火星の合

2021年3月20日、日本時間の2時47分に、火星の合が発生します。私たちの衛星と赤い惑星は、地球から見ると、同じ赤経または同じ黄道座標を共有します。月と火星はおうし座で出会い、それぞれ-11.3等級と1.2等級で輝いています。

3月18日の夕方、月がおうし座の星座を通過し、プレアデス星団の近くを通過するときに観測を開始して方がいいです。月の初めに、20世紀以来火星とプレイアデスの最も近い接近についてすでにお話しました。プレアデス星団は、肉眼で見えることがよくありますが、双眼鏡を使用すると、これらの美しい星をよりよく見ることができます。

1日後の3月19日、火星と赤みがかった星アルデバランの間で私たちの衛星が輝いているのがわかります。おうし座のこの最も明るい星は、伝統的に雄牛の燃えるような目と関連付けられています。アルデバランは火星よりも少し明るく輝いています。この星の等級は約0.85です。

2021年3月21、日本時間の日23時41分は上弦の月になります。その時までに、それは星座おうし座を離れて星座ふたご座に移動するでしょう。月は夕方の空に明るく輝き、現地時間の真夜中頃に下がります。

輝かしい月は空に簡単に見つけることができますが、火星、プレイアデス星団、アルデバランは見つけるのが難しいかもしれません。星空ガイドStar Walk 2は、上空にある美しい天体を見つけるのに役立ちます。検索フィールドに見つけたいオブジェクトの名前を入力し、対応する結果を選択して、そのビューをお楽しみください。

おうし座の星座

おうし座は、夜空で最も美しい星座の1つです。おうし座は古くから認められてきました。ギリシャ神話では、この星座は、フェニキアの王女エウローペーの支持を得ようとして白い雄牛に変わったゼウス神に関連付けられていました。

アルデバランとプレイアデスに加えて、それは他の多くの壮観な天文のオブジェクトをホストします。雄牛の顔を形成する明るい星は、ヒアデス星団の著名なメンバーです。地球から150光年の距離にあるヒアデス星団は、おおぐま座運動群を除いて、私たちの惑星に最も近い星団です。

エルナト星(おうし座β星)とおうし座ζ星は、雄牛の2つの角を形成します。1.65等級のエルナトは、星座の中で2番目に明るい星です。この星は隣接するぎょしゃ座の近くにあるため、ぎょしゃ座γ星と呼ばれることもあります。おうし座ζ星は3.0等級があり、肉眼で観察できるほど明るい星です。

もう1つのおうし座の驚くべき天体は、かに星雲(M1またはNGC 1952とも呼ばれる)です。1054年、中国の天文学者は、おうし座の星座に新しい「星」がいることに気づきました。この星座は、約1か月間空に見えていました。実は、これがかに星雲を作った超新星爆発でした。8.4等級のかに星雲は肉眼では見えませんが、双眼鏡でこの美しい天体を好条件で見ることができます。

スカイウォッチをお楽しみください!

テキストクレジット:
画像クレジット:Vito Technology
Star Walk 2 ロゴ

Star Walk 2

App Storeでダウンロード
Google Playで入手する