月と金星が朝の空を飾る

~3 min
Conjunction of the Moon and Venus

今週は、月と金星の2つの最も明るい天体が明け方の空に集まります。さらに、世界の一部の地域の観測者は、月による「モーニングスター」の掩蔽を目撃することができます。読み進めると、上空でこれらの美しい天文現象をいつどのように見るかがわかります。

月と金星の合

2020年12月13日、日本時間5時40分に、三日月が金星の北に0°47'を通過します。月は-9.5等級で輝き、まばゆいばかりの惑星金星は-4.0等級で輝きます。てんびん座の星の中には、明るい天文学的デュオがあります。

日の出前に起きて、空の東部を飾るこの美しいデュオを観察してください。2番目と3番目に明るい天体であるため、月と金星は夜明けの輝きの中でも見やすくなります。肉眼または双眼鏡で見ることができます。しかし、デュオは望遠鏡の視野内に収まらないほど広く分離されます。

星空観察アプリStarWalk 2を参照して、月と金星の美しい集まりを見逃さないようにするための上昇時間と設定時間を確認してください。さらに、星空観察アプリは、上空でそれらを見つけて、それらを取り巻く星や星座を楽しむのに役立ちます。

月による金星の掩蔽

月による掩蔽の時、月は恒星や惑星などの前にきて、それらの天体を隠します。2020年12月13日、月は金星の前を通過し、月による「モーニングスター」の掩蔽を引き起こします。掩蔽は日本時間4時18分に始まり、7時56分に終わります。北アメリカ西部、ハワイ、北太平洋、ロシア北東部のオブザーバーは、この壮大な天文イベントを目撃するチャンスがあります。

掩蔽の間、金星は月の照らされた側の後ろから消え、次に月の暗い側の後ろから再び現れます。光学補助具を使用して、掩蔽を楽しむことができます。月と金星の明るい天文デュオは、太陽の西25°にすぎません。掩蔽を見ているとき、細心に注意してください。

月の近地点

また、12月13日、日本時間の5時42分に、月は近地点に到達します。このため、私たちの衛星は通常より少し大きく見えます。月と地球の間の距離は、月周回軌道の過程で約10%、356,500kmから406,700kmの間で変化します。12月13日の近地点で、月は地球から361,000kmの距離内を通過します。

Star Walk 2アプリを使用して、月の満ち欠けとその上昇時間、および現在地の設定時間に関する情報を取得します。"Sky Live"オプションをタップして、月の詳細を確認します。

観測をお楽しみください!

テキストクレジット:
画像クレジット:Vito Technology
Star Walk 2 ロゴ

Star Walk 2

App Storeでダウンロード
Google Playで入手する