最後の5つの大彗星のリスト

~4 min
最後の5つの大彗星のリスト

NEOWISE彗星はトレンドですが、天文学愛好家の心を捉えた最初の彗星ですか? 21世紀でさえそれらのより多くがありました。ここには、過去30年間に空に現れた5つの大彗星のリストがあります。大彗星とは何ですか?次の彗星はいつですか?知る必要があるすべてはここにあります!

大彗星とは何ですか?

ある彗星が大彗星かどうかを決める公式な定義はありません。普通、肉眼で見られるほど明るく、天文学コミュニティの外でよく知られている彗星は、大彗星と言えます。

彗星が大彗星となるために3つの基準があります。

  • 大きくて活動的な核
  • 太陽への接近距離
  • 地球への接近距離

彗星には公式には発見者の名前が付けられるが、中には最も明るくなった年を付けて、「…年の大彗星」と呼ばれています。彗星観測にStar Walk 2の検索フィールドに探している彗星の名前か発見年を入力します(例:2020またはNEOWISE)。その後、彗星が見つけられます。

1996年の大彗星、百武彗星

百武彗星(C/1996 B2)は、1996年1月に、日本のアマチュア天文家で百武裕司が発見しました。発見時の彗星は、11.0等星で輝いていました。1996年3月の彗星の地球への接近は、過去200年間で最も接近したものの1つでした。百武は、これまで知られている彗星の中で最も長い尾を持っていて、非常に明るく、肉眼で簡単に見られました。その軌道周期によると、約70000年間は内側の太陽系には戻らないでしょう。

1997年の大彗星、ヘールボップ彗星

ヘールボップ彗星(C/1995 O1) は25年前、1995年7月23日にアラン・ヘールとトーマス・ボップの2人のアメリカの観測者が独立して発見しました。彗星の10.5等星で、軌道位置は太陽から7.2 AUと計算されました。驚くほど長い期間、18か月間肉眼で見られました。これは、1811年の大彗星によって設定された以前の記録の2倍です。

2007年の大彗星、マックノート彗星

21世紀の最初の大彗星(C/2006 P1)は、2006年8月7日、イギリスオーストラリアの天文学者ロバート・マックノートによって空に捕捉されました。2007年1月と2月の南半球では、肉眼で見やすかったです。1935年以来2番目に明るい彗星でした。

2013年の大彗星、アイソン彗星

この彗星は大彗星としか言えません。2012年9月21日、ロシアの2人のアマチュア天文学者によって発見されました。現時点では、天体の見かけの等級は約19.0でした。アイソン彗星の予備軌道は1680年の大彗星と非常によく似ていました。数十年で最も明るいものの1つになると複数の予報がありましたが、月よりもさらに明るくなりましたが、見えなくなったわけではありません。

11月28日2013年、アイソン彗星は太陽の熱から、太陽へ最接近した際に消滅しました。

NEOWISE彗星 (C/2020 F3)

ISON彗星とは異なり、C/2020 F3は7月3日に近日点を通過することに成功しました。主な質問:この彗星を大彗星と呼ぶことができますか?ヘイル・ボップ彗星以来、すでに北半球で最も明るい彗星の1つであり、肉眼で完全に見えるため、多くのスターゲイザーによって広く観測されています。また、吉田誠一氏とファーマーズアルマナックによって、大彗星の可能性があると考えられており、NASAも、大彗星になる可能性があると指摘しています

この素晴らし彗星の詳細情報については、C/2020 F3に関する記事をすでに公開し、ここにご覧ください。

7月23日には、ヘールボップ彗星発見の25周年だけでなく、NEOWISEの地球への最接近も出来します。2020年7月23日午前10時14分(日本時間)約0.69AU(1億300万km)の距離で発生します。この美しい彗星を見るチャンスをお見逃しなく、これは、近い将来最後の彗星になるかもしれません!

次の大彗星

NEOWISEを大彗星と考えると、過去30年間で5つの大彗星が存在しています。これらの彗星は非常にまれです。平均して、10年に1回は大きな彗星が現れ、個々の彗星の軌道周期は数千年を超えることがあります。統計によると、近い将来に次の大彗星はありません。

テキストクレジット:
画像クレジット:John Wheatley

Star Walk 2

Star Walk 2 ロゴ
App Storeでダウンロード
Google Playで入手する