ハーベスト・ムーンと火星の空にダンス

~4 min
ハーベスト・ムーンと火星の空にダンス

10月の最初の日には、エキサイティングな天文イベントがあります。最初、ハーベスト・ムーンが行われます。次は、南アメリカに火星の掩蔽を伴う月と火星の壮大な合になります。それらを観察する方法と時期をここで学びましょう!

ハーベスト・ムーン

ハーベストムーンは、2020年10月2日午前6時5分(日本時間)に空を飾ります。今回の満月は、地球から最も遠い月の軌道上の点である遠地点と一致します。満月が遠地点の周りで発生するとき、それはマイクロムーンと呼ばれ、通常より少し小さく見えます。今月中に太陽がおとめ座を通過して、10月の満月はその反対側にみずがめ座とうお座の星の間で輝きます。

秋分に最も近い満月は作物を収穫する農民に光ったことから、ハーベストムーンの名前があります。今年のハーベストムーンは10月1日です。しかし、10月、ハロウィーンにもう1つの満月が開催されます。私たちのニュースにフォローして、それを見逃しません!Star Walk 2アプリで月の詳細を確認できます。「スカイライブ」オプションをタップして、あなたの場所のために月の満ち欠けに関する情報を取得します。

月と火星の合

先週、月は太陽系の輝かしいガス巨人の木星と土星を訪れました。今週、私たちの衛星は夜空で火星に加わる予定です。月と赤い惑星は、2020年10月3日午後12時25分(日本時間)にうお座で会合し、それぞれ-12.5と-2.5等級で輝いています。

天文学者のChris Vaughanによると、火星は最近(月と金星に次いで)空で3番目に明るい天体です。10月初旬、赤い惑星は地球に非常に接近します。2020年10月13日に衝の後、空に非常に明るく大きく見えます。今、夕方に北半球の南東の地平線の上(または南半球の北東の地平線の上)で火星を探すことができます。月はガイドになります。月を見つけたら、近くで火星を簡単に見つけることができます。両方の天体は肉眼で見ることができます。望遠鏡は火星の表面とその南極冠の明るい部分と暗い部分を明らかにします。ほとんどの地域では、火星と月が望遠鏡の視野に合わないことに注意してください。

天文アプリStar Walk 2は、月と火星の合を楽しむのに役立ちます。天文のイベントを見逃さないようにアプリの通知をオンにします。Star Walk 2を使用して、月と火星の位置、最適な表示時間を決定し、空のこの明るい天文デュエットを取り巻く星と星座を確認します。

月による火星の掩蔽

南アメリカからは、もう1つの壮大な天文現象が見られます。それは月による火星の掩蔽です。2020年10月3日の午後1時(日本時間)に行います。月による掩蔽は、月が天体(通常は星、惑星、または小惑星)の前を通過し、私たちの視界からそれを遮ったときに発生します。今月、火星の掩蔽は南アメリカ南部と南東部、西南極の大部分、アセンション島、そしてアフリカ南西部から見ることができます。他の地域では、月はいつでも火星の前を通過しないか、掩蔽時に地平線の下になります。

上記の地域に住むと、Star Walk 2は掩蔽を観察するのに役立ちます。画面上では、月が実際よりも早く火星を覆うことに注意してください。この効果を取り除くには、指で月を拡大します。

幸せな天体観測!

テキストクレジット:
画像クレジット:Vito Technology

Star Walk 2

Star Walk 2 ロゴ
App Storeでダウンロード
Google Playで入手する