月面着陸の51周年

~3 min
月面着陸の51周年

20日2020年に世界は51周年を記念します。なぜ、それはそんなに大切なことになりましたか。有名なアポロ11号について歴史を調べましょうか。

アポロ11号ミッションのレヴュー

アメリカにとって、アポロ11号の主な目標は、1961年5月25日にジョン・ケネディ大統領によって設定された目標を達成することでした。その目標は乗組員の月面着陸を行い、地球に戻ることでした。

1969年7月16日、宇宙飛行士のニール・アームストロング、バズ・オルドリン、マイケル・コリンズは、NASAのケナディ宇宙センターから月へ出発しました。 コリンズがコマンドモジュールで月を周回したとき、1969年7月20日午後8時17分(UTC)にアームストロングとオルドリンはアポロ11号の月着陸船「イーグル」を月の静かの海に着陸させ、人類初の月面歩行しました。

現在、テクノロジーのおかげで、Moon Walkアプリ使うながら、その歴史的なポイントに参加してください。Moon Walkアプリをダウンロードして、月面へテレポートができます。伝説の瞬間に入って、ニール・アームストロングの道を歩き、宇宙飛行士の話しを聞き、自分の周りに月の風景とクレーターを楽しみ、月面着陸の一般的な経験を感じられます。

アームストロングとオルドリンは、月面を探索し、サンプルを収集して写真を撮りました。 オルドリンは後に月面を「壮大な荒廃」と表現した。 月面で宇宙飛行士はアメリカの旗と落ちたアポロ1号の乗組員を称えるパッチが残しました。そして、3名の飛行士とニクソン大統領の署名が描かれた記念銘板(英語版)を除幕した。記念銘板には次の文章が刻印されていました。「西暦一九六九年七月、惑星地球より来たる人類、ここ月面に降り立つ。我ら全人類の平和のために来たれり。」

アームストロングとアルドリンは、合計で月面で21時間36分過ごしました。乗組員は7月24日にハワイを飛び降りました。ケネディの目標は達成されました。 地球からの男性は月面を歩いて、無事に家に戻りました。

人間にとっては小さな一歩だが、人類にとっては偉大な跳躍だ

アポロ計画は、人間を月面に着陸させ、地球に安全に戻すために設計されました。このプログラムは1963年に始まり、1972年に終了しました。NASAは、進行中の分析のために、世界中の科学者に近年、合計で500を超える月面サンプルを送りました。

つまり、アポロ計画は、将来のミッション開発のための強力で重要な基盤を作り出しました。 現在、NASAは新しい月面着陸ミッション(アルテミスと呼ばれています)に取り組んでいます。この計画により、NASAは2024年までに最初の女性と次の男性を月に着陸させる計画を立てています。革新的なテクノロジーを使用することで、月面をこれまで以上に探ることができます。 この後、新しい知識を使って次の大きな飛躍を遂げることを計画しています。それは火星に宇宙飛行士を送ります。

私たちと一緒にいれば、天文学の世界で最も興味深いイベントを見逃すことはありません!

テキストクレジット:
画像クレジット:Vito Technology

Moon Walk

Moon Walk ロゴ
App Storeでダウンロード
Google Playで入手する