【2022年8月12日の満月】スタージャンムーンとは

~7 min
【2022年8月12日の満月】スタージャンムーンとは

満月は、日本時間、8月12日金曜日の午前10時36分(グリニッジ標準時01:36)月は満月になります。スタージョンムーンと呼ばれる理由、スーパームーンになるかどうか、満月の夜に何の天体現象が見られるかを考えてみましょう。

内容

8月満月の名前

満月の最も人気がある名前は、月の特徴に基づいて名前を付けたネイティブアメリカンから由来しました。五大湖周辺に住む多くの部族にとって、8月は伝統的にスタージェンを釣る時期でしたから、8月の満月を「スタージョンムーン」(英語:Sturgeon Moon)と言う名前が付けられました。

スタージョンとは?

チョウザメ(スタージェン、蝶鮫、英語:Sturgeon)は、先史時代から地球上に生息する大型の淡水魚です。それ以来、チョウザメは大きな変化を遂げていません。「生きた化石」と呼ぶ人さえいます。体長は2~3.5メートル、体重は約90キロになります。チョウザメのメスは150年まで生きることができます。生殖を開始するには約20年かかり、4年ごとに子孫を残すことができます。

世界には約26種のチョウザメがいますが、深刻な乱獲と水質汚染により、すべてが絶滅の危機に瀕しています。8月の満月の名前は、自然を大切にすることを思い出させてくれます。

8月満月の他の名前

8月の満月は、北半球での収穫シーズンの始まりでもありました。8月の満月のネイティブアメリカンの名前には、コーンムーン、ライシングムーン、ブラックチェリームーンが含まれます。アングロサクソン人はそれをグレインムーンと呼んでいました。

幼鳥はこの時期に飛び回ることを学ぶため、クリー族の間では、8月の満月はフライング・アップ・ムーン(英語:Flying Up Moon)として知られています。多くの文化では、月が夏の終わりのもやの中で獲得する赤みを帯びた色合いのために、レッドムーン(英語:Red Moon)とも呼ばれています。

他の文化からさまざまな名前もあります。

  • 中国人:ハーベストムーン;
  • ケルト人:紛争月;
  • ウィッカ人:ハーブムーン;
  • チェロキー:フルーツムーン;
  • 南半球:スノームーン、ストームムーン、ハンガームーン、ウルフムーン。

次のスタージャンムーンはいつ?

次回のスタージョンムーンは2023年8月2日午前の3時31分(グリニッジ標準時8月1日、18:31)です。ちなみに同月にはブルームーンもあります!1暦月の2回目の満月は、2023年8月31日、午前の10時35分(グリニッジ標準時01:35)になります。

2022年のスタージョンムーンはスーパームーン?

NASAの天体物理学者であるフレッド・エスペナックのカレンダーによると、今月の満月はスーパームーンです。しかし、「スーパームーン」という用語を生み出したアメリカの占星術師のリチャード・ノールが提供した表では、2023年までスーパームーンの満月はありません。両方の概念を詳しく見てみましょう。

スーパームーンとは?

スーパームーンは、与えられた軌道上で地球に最も接近(90%以内)満月か新月です。スーパームーンの満月は通常の満月より7%大きく、16%明るく見えます。

スーパームーンとマイクロムーンとは何ですか?最も大きくて明るい満月を観測できるのはいつですか?このインフォグラフィックで説明します!
インフォグラフィックを見る

この用語は、リチャード・ノールに属します。しかし、ノールは「与えられた軌道」の意味を特定しませんでした。1年または1か月の軌道を使用して今後のスーパームーンを計算しようとすると、結果はノールの表とは異なります。したがって、ノールは、おそらく、月と地球の間の距離の別の推定値を使用しましたが、不明です。

フレッド・エスペナックも同じ定義を使用していますが、「与えられた軌道」を毎月の軌道と明確に述べています。ほとんどの天文学的な情報源は、ノールの表よりも多くのスーパームーンを持つエスペナックのカレンダーを選択します。スーパームーンに関する記事では、両方の計算方法について詳しく知ることができます。

2022年最後のスーパームーンの満月

今年は特に明るい月を見られる最後のチャンスをお見逃しなく!フレッド・エスペナックの表によると、8月の満月は2022年の最後のスーパームーンの満月になります。Sky Tonightアプリで通知をオンにして、イベントについてお知らせします。

次のスーパームーンはいつ?

ノールの表によると:

  • スーパームーンの満月は2023年8月2日になります。

エスペナックの表によると:

  • スーパームーンの満月は2023年7月3日になります。

満月の周り天文イベント

8月の夜空には、美しいイベントがたくさんあります。満月とほぼ同時期に発生するものもあります。

最も明るい土星

8月12日に月と土星の合を見られます。その2日後の8月14日に、土星は衝になります。これは、通常よりも大きく明るく見えることを意味します。

ペルセウス座流星群のピーク

8月13日には、有名なペルセウス座流星群の活動が最も活発になると予想されます。この流星群1時間あたり約100個の流星を生成できます。ただし、明るい満月は流星たちを凌駕してビューを損なう可能性があります。期待したほど多くの流星は見られないかもしれません。

2022年の次の満月はいつ?

次の満月(ハーベストムーン)は、2022年9月10日です。カラフルな満月カレンダーを使用して、今後の満月の時刻、日付、名前を確認できます。

2022年に次の満月はいつですか?日付と時刻、名前、スーパームーンなどを含む2022年の満月カレンダーからわかります。
インフォグラフィックを見る

楽しく天体観測をしてください!

テキストクレジット:
画像クレジット:Vito Technology, Inc.
Trustpilot