11月のビーバームーンの月食が空を飾る

~3 min
11月のビーバームーンの月食が空を飾る

半影月食を伴う11月の満月をお楽しみください。いつ、どこでそれを見るか、そしてなぜ11月の満月がビーバームーンと呼ばれるのかを調べてください。

2020年11月の満月をいつ見られますか?

先週、三日月は、輝かしいガスの巨人、木星と土星の近くを通過しました。今週、オブザーバーは空を飾るビーバームーンを見るでしょう。私たちの衛星は2020年11月30日、日本時間の18時30分に完全な位相に達し、おうし座を横断します。

満月は日没時に上昇し、日の出に沈みます。11月の満月は、この北の秋または南の春の3番目と最後の満月です。しかし、世界にどこに住んでいるも、夕方の空の月の近くで輝く明るいオレンジ色の星アルデバランによってマークされた雄牛の南の目が見えます。また、近くには、七人の姉妹かM45として知られているプレアデス星団を見られます。

なぜこの満月はビーバームーンと呼ばれますか?

満月の伝統的な名前は、特定の季節や季節の活動の特性に関連付けられています。11月の満月は、ビーバーが冬のダムを建設し、今月の寒い季節に備えるため、ビーバームーンと呼ばれます。11月は、冬に向けて収納する前に、これらの動物を狩るのに最適な月と見なされていました。

2020年11月30日の半影月食

北アメリカ、中央アメリカ、北アジアのオブザーバーは、2020年11月30日の日本時間の16時33分から20時54分の間に行われる半影月食を目撃するチャンスがあります。半影月食は、私たちの衛星が地球の半影と呼ばれる地球の影のかすかな外側の部分を通過するときに発生します。その結果、月面部の減光を見ることができます。

カナダの天文学者ChrisVaughanによると、日本時間の18時44分の月食の最大の時では、地球の半影が月面部の約83%を覆います。月の北端の微妙な減光は、月食の最大のステージから約30分以内にのみ目立ちます。南アメリカと北ヨーロッパからの観測者は月食の初期段階のみを見るでしょうが、オーストラリア、東南アジア、中国、そしてロシアの一部にいる観測者は後期段階だけを見るでしょう。

Eclipse Guideアプリは、ビーバームーンを観察し、他の今後の日食と月食について学ぶのに役立ちます。アプリケーションを開いて、アニメーション化された日食マップ、最適な表示スポット、現地時間、音声アラート、および日食を表示するために必要なその他の情報を見つけます。

澄み渡る空の下で、楽しく天体観測をしてください!

テキストクレジット:
画像クレジット:Vito Technology
Eclipse Guide ロゴ

Eclipse Guide

App Storeでダウンロード
Google Playで入手する